歯愛メディカル(3540)IPOは、同時上場する4社の中で唯一マザーズではなくジャスダックへの上場で、規模も一番大きいため、需給面で厳しそうな気配です。

さらに、前営業日に上場するイオレIPOが初日値付かずになると、5社同時上場になってしまうため、ますます他銘柄の陰に隠れてしまいそうな気がします。

歯愛メディカル

歯愛メディカルIPOの関連記事

歯愛メディカルIPOのBBスタンスとIPO評価!市場鞍替えIPO!

歯愛メディカルIPOの新規上場を承認!主幹事はSMBC日興証券!

歯愛メディカルIPOの仮条件

3,210円~3,300円

歯愛メディカルIPOの仮条件は、想定価格の3,210円を下限に少し上方へ拡げたレンジで設定されています。歯愛メディカルIPOは、当初から需給面に不安があったため、もう少し弱めの仮条件になると思っていましたが、意外と強気ですね。

ちなみに、歯愛メディカルIPOの公開価格が仮条件の上限(3,300円)で決まった場合、吸収金額は35.3億円から36.3億円にアップするので、さらに重く感じます。


SMBC日興証券のIPOルール

歯愛メディカルIPOの初値予想

3,300円⇒3,210円 (公開価格比:-90円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,310円~3,600円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,300円~3,600円)

歯愛メディカルIPOは、TOKYO PRO Market(プロ投資家向けマーケット)からジャスダックへの異例の鞍替え上場で、規模(吸収金額35.3億円)も大きく、4社同時上場という点も考えると、かなり厳しいと言わざるを得ません。

また、歯愛メディカルIPOは公募株ゼロの売出株のみという点でも印象が悪いため、公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

歯愛メディカルIPOのその他初値予想はこちら

歯愛メディカルIPOの幹事団

歯愛メディカルIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
フィリップ証券
SBI証券
カブドットコム証券

歯愛メディカルIPOは、主幹事のSMBC日興証券なら結構期待出来そうです。しかし、リスクも高めなので、あえて参加する必要はないと思います。ただし、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで申し込むのがベストですね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社