すららネット(3998)IPOは、同時上場する4社の中でも小型で、教育のICT化というテーマ性もあるため、次第に注目度がアップしているようです。

ただ、前営業日に上場するイオレIPOが初日値付かず濃厚なので、実質的には5社同時上場になると想定しておいた方が良いかもしれません。

すららネット

すららネットIPOの関連記事

すららネットIPOのBBスタンスとIPO評価!教育関連IPO!

すららネットIPOの新規上場を承認!マザーズの小型IPO!

すららネットIPOの仮条件

1,900円~2,040円

すららネットIPOの仮条件は、想定価格の2,040円を上限に下方へ拡げて設定されています。すららネットIPOは、当初から評価が高めだったので、もう少し強気の仮条件になるかと思いましたが、意外と弱めの仮条件になっています。

ただ、公開価格は仮条件の上限で決まるはずなので、結局のところ想定価格通りで特に問題ありませんね。


マネックス証券のIPOルール

すららネットIPOの初値予想

3,670円⇒4,500円 (公開価格比:+2,460円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,200円~3,600円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,600円~4,080円)

すららネットIPOは、とにもかくにも規模(吸収金額5.3億円)が小さいため、4社同時上場でも需給面で人気を集めると思います。

また、すららネットIPOのeラーニングによる教育サービスは、教育のICT化という国策とマッチするために注目されそうです。

よって、すららネットIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が気になりますが、それでも初値はVCのロックアップが解除される公開価格の1.5倍を超えてくると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

すららネットIPOのその他初値予想はこちら

すららネットIPOの幹事団

すららネットIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券

すららネットIPOは小型で当選枚数も少ないのため、主幹事のみずほ証券が勝負の鍵を握っていますね。また、平幹事のマネックス証券SBI証券も念のために押さえておきたいところです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社