ジーニー(6562)IPOは、新規上場候補の銘柄としてよく取り上げられていたので、注目度や期待度は高いと思います。

ただ、ジーニーIPOは4社同時上場で、規模(吸収金額18.4億円)もそこそこあるため、資金分散の影響が気になります。

ジーニー

ジーニーIPOの関連記事

ジーニーIPOのBBスタンスとIPO評価!IT関連のマザーズIPO!

ジーニーIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事!

ジーニーIPOの仮条件

1,220円~1,350円

ジーニーIPOの仮条件は、想定価格の1,220円を下限に上方へ拡げて設定されています。ジーニーIPOは、注目度ほど評価は高くなさそうでしたが、それでも意外と強気な仮条件になっています。

ちなみに、ジーニーIPOの公開価格が仮条件の上限(1,350円)で決まると、吸収金額は18.4億円から20.3億円にアップするので、さらに重くなりますね。


SBI証券

ジーニーIPOの初値予想

2,030円⇒2,700円 (公開価格比:+1,350円)

(※大手予想会社の初値予想:2,000円~2,300円)

インターネットメディア広告の収益最大化を図るアドテクノロジー事業はIPO向きで、株主にソフトバンクグループが名を連ねている点でも関心を集めそうです。

ただ、ジーニーIPOは4社同時上場で、前営業日に上場するイオレIPOが初日値付かずになると、実質的な5社同時上場になる可能性があります。

また、ジーニーIPOはやや規模(吸収金額18.4億円)が大きく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多い点が気になります。

よって、ジーニーIPOはVC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目安に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ジーニーIPOのその他初値予想はこちら

ジーニーIPOの幹事団

ジーニーIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
カブドットコム証券

ジーニーIPOは、そこそこの規模なので当選枚数もそこそこあるため、主幹事の野村證券は期待度も高まります。また、平幹事で一番抽選配分数の多そうなSBI証券も要チェックです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社