サークレイス(5029)IPOのBB(ブックビルディング)が翌週の3月28日から開始されます。

サークレイスはDX(デジタルトランスフォーメーション)に関するコンサルティングなどを行っています。

サークレイスは前後のIPOとほど良く間隔が空いているので、スケジュールに恵まれていますね。

サークレイス

サークレイス(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名サークレイス
コード5029(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
いちよし証券
上場日4月12日
仮条件決定日3月24日(680円~720円に決定)
ブックビルディング期間3月28日から4月1日
公開価格決定日4月4日(720円に決定)
申込期間4月5日から4月8日まで
公募750,000株
売出し0株
OA112,500株
吸収金額6.1億円
時価総額29.1億円
想定価格710円→公開価格:720円
初値価格2,320円

SMBC日興証券 オンライントレード

サークレイスIPOの事業内容

サークレイスはクラウド活用による攻めのIT投資領域(DX推進などによる企業価値向上を目的としたIT投資領域)に特化したコンサルティングサービスを提供しています。

サークレイスのコンサルティングサービス

(※画像クリックで拡大)

また、サークレイスはSalesforceプラットフォームやAnaplanなど、自社取り扱いのクラウド製品に関する導入・運用・保守・定着化を支援しています。

サークレイスのプラットフォームサービス

(※画像クリックで拡大)

さらに、サークレイスは統合型デジタルコミュニケーション・プラットフォーム「Circlace®」など、非基幹系領域の便利で高機能なSaaS製品を開発・販売も行っています。

サークレイスのSaaS製品

(※画像クリックで拡大)

サークレイスはコンサルティング、システム開発、カスタマーサクセスサービスまでの一気通貫サービスによる途切れの無い高品質なサービスを提供することにより、他社との差別化を図っています。

サークレイスの一気通貫のサービス展開

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. エンジニアを確保するための人員増強費
  2. 財務基盤の更なる強化に向けた金融機関からの借入金の返済
  3. 本社オフィス移転に伴う建物付属設備及び工具、器具及び備品
  4. 当社の事業成長を支えるITインフラの構築、強化及び今後の人員計画に基づく人員増に伴う業務に必要なPCレンタル料・ソフトウェア利用料
  5. 教育費
  6. 人員採用を目的とした媒体への露出費用、入社に伴い発生する紹介手数料などの採用費
  7. 広告宣伝費

サークレイスIPOの業績

サークレイスの業績

(※画像クリックで拡大)

サークレイスIPOの売上は堅調に推移していますが、利益はかなりバラついています。

サークレイスのIPO評価

サークレイスはグロースへの単独上場で規模(吸収金額6.1億円)が小さく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないため、需給面で人気を集めると思います。

また、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業はやや食傷気味ではありますが、それでも根強い人気があるため、事業面でも注目されそうです。

よって、サークレイスのIPO評価はAが妥当だと考えています。サークレイスIPOは公開価格の2倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サークレイスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

サークレイスIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事の大和証券はもとより、SMBC日興証券松井証券などの平幹事も全て申し込む予定です。

サークレイスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
楽天証券 BB参加
松井証券 BB参加
いちよし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング