コンピューターマネージメント(4491)IPOの新規上場が承認されました。コンピューターマネージメントIPOは、3月11日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場する予定です。

また、コンピューターマネージメントIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。3月のIPOは、前半からかなりタイトなスケジュールになってきましたね。

コンピューターマネージメント

コンピューターマネージメント(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名コンピューターマネージメント
コード4491(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
岩井コスモ証券
岡三証券
むさし証券
岡三オンライン証券
上場日3月11日
仮条件決定日2月21日(2,630円~2,750円に決定)
ブックビルディング期間2月25日から3月2日まで
公開価格決定日3月3日(2,750円に決定)
申込期間3月4日から3月9日まで
公募187,200株
売出し179,600株
OA55,000株
吸収金額11.1億円
時価総額25.6億円
想定価格2,630円→公開価格:2,750円
初値価格4,360円

SMBC日興証券 オンライントレード
コンピューターマネージメントIPO主幹事のSMBC日興証券

コンピューターマネージメントIPOの概要

コンピューターマネージメントIPOは、製造業、卸売業、運送業、流通業など、多種多様な各業種のシステム開発を手掛けている企業です。

また、コンピューターマネージメントIPOはオンプレミス(自社運用)からクラウドまで、サービスに最適な信頼できるシステムインフラソリューションを提供しています。

さらに、コンピューターマネージメントIPOは大企業向けSAP S4 HANA、中堅企業向けSAP Business ByDesignおよび中小企業向けSAP Business OneのSAP ERPの3大ラインアップを核としたERPソリューションも展開しています。

コンピューターマネージメントIPOは、IT関連の小型なIPOなので、需給面で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

コンピューターマネージメントIPOのその他情報はこちら

コンピューターマネージメントIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、SBI証券岩井コスモ証券などの5社で構成されています。

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

コンピューターマネージメントIPOの初値予想

コンピューターマネージメントIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月21日以降)に追記させていただきます。

5,500円→3,300円 (公開価格比:+550円)

(※大手予想会社の初値予想:5,000円~6,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社