ダイコー通産(7673)IPOの新規上場が承認されました。ダイコー通産IPOは、3月12日に東京証券取引所2部市場へ新規上場する予定です。

また、ダイコー通産IPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。3月のIPOはこれで3銘柄目になりますが、今のところ全て東証本則市場への新規上場なので、そろそろマザーズのA級IPOも新規承認されてほしいですね。

ダイコー通産

ダイコー通産(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名 ダイコー通産
コード 7673
主幹事 野村證券
幹事証券(委託含む) SMBC日興証券
みずほ証券
大和証券
岡三証券
SBI証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券
上場日 3月12日
仮条件決定日 2月20日(1,510円~1,540円に決定)
ブックビルディング期間 2月22日~2月28日まで
公開価格決定日 3月1日(1,540円に決定)
申込期間 3月4日~3月7日まで
公募 160,000株
売出し 382,400株
OA 81,300株
吸収金額 9.4億円
時価総額 39億円
想定価格 1,510円→公開価格:1,540円
初値価格 1,732円

SMBC日興証券 オンライントレード
ダイコー通産IPO幹事のSMBC日興証券

ダイコー通産IPOの概要

ダイコー通産IPOは、CATV及び情報通信ネットワーク向け各種商品の仕入・販売を行っている企業です。

ダイコー通産IPOはネットワークの構築をはじめ、システムのメンテナンスや高度化・高機能化に必要なあらゆるアイテムを扱う商社機能と、システム・機器構成の設計や機器・材料の選定を担うコンサルティング機能を合わせ持ち、CATVと情報通信のダブルニーズに、トータルかつフレキシブルに対応することを強みとしています。

ダイコー通産IPOは、規模(吸収金額9.4億円)が大きいわけではありませんが、IPOで人気になりにくい東証2部への新規上場なので、可もなく不可もなくというのが第一印象です。

ダイコー通産IPOでオススメの幹事証券

主幹事の野村證券はもとより、IPO取扱銘柄数で毎年トップを競い合っているSMBC日興証券SBI証券も要チェックです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券のIPOルール


また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券が委託幹事入りする可能性も高いと思います。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ダイコー通産IPOのその他情報はこちら

ダイコー通産IPOの初値予想

ダイコー通産IPOの初値予想は、仮条件決定後(2月20日以降)に追記させていただきます。

1,600円⇒1,840円 (公開価格比:+300円)

(※大手予想会社の初値予想:1,500円~2,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社