スマレジ(4431)IPOの新規上場が承認されました。スマレジIPOは、2月28日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ちなみに、スマレジIPOの主幹事は大和証券が務めることになっています。また、スマレジIPOは昨日新規承認されたフロンティアインターナショナルIPOとの同時上場になります。2月下旬は予想外のIPOラッシュになりましたね。

スマレジ

スマレジ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名スマレジ
コード4431
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
DMM.com証券
上場日2月28日
仮条件決定日2月8日(1,200円~1,370円に決定)
ブックビルディング期間2月13日から2月19日まで
公開価格決定日2月20日(1,370円に決定)
申込期間2月21日から2月26日まで
公募1,300,000株
売出し230,000株
OA229,500株
吸収金額24.1億円
時価総額124.1億円
想定価格1,370円→公開価格:1,370円
初値価格3,225円


スマレジIPO幹事のSBI証券

スマレジIPOの概要

スマレジIPOは、高性能なクラウド型POSレジ・システム「スマレジ」の開発及び販売している企業です。

また、スマレジIPOは飲食店向けの注文管理システム(オーダーエントリーシステム)「スマレジ・ウェイター」も提供しています。

さらに、スマレジIPOはクラウドソリューション事業やテンポ用品の通販事業も展開しています。

スマレジIPOは、フロンティアインターナショナルIPOとの同時上場で、規模(吸収金額24.1億円)もそれなりにあります。

しかし、スマレジはIPO向きの事業内容で、今が旬のキャッシュレスというテーマ性もあるため、それでも人気化しそうですね。

スマレジIPOでオススメの幹事証券

主幹事の大和証券はもとより、今年もほとんどのIPOで幹事に名を連ねているSBI証券も要チェックです。


SBI証券のIPOルール


また、識学IPOやフロンティアインターナショナルIPOでは主幹事を務めているSMBC日興証券も注目です。


SMBC日興証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スマレジIPOのその他情報はこちら

スマレジIPOの初値予想

スマレジIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月8日以降)に追記させていただきます。

2,400円 (想定価格比:+1,030円)

(※大手予想会社の初値予想:2,000円~3,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社