ダイワ通信(7116)IPOの新規上場が承認されました。ダイワ通信IPOは12月26日に東証スタンダード市場へ新規上場する予定です。

また、ダイワ通信IPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

ダイワ通信IPOは、本日同じく新規承認されたアルファパーチェスIPOとの同時上場になります。

ダイワ通信

ダイワ通信(東証スタンダードIPO)のIPO基本情報

銘柄名ダイワ通信
コード7116(卸売業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
大和証券
今村証券
SBI証券
マネックス証券
上場日12月26日
仮条件決定日12月7日
ブックビルディング期間12月9日から12月15日
公開価格決定日12月16日
申込期間12月19日から12月22日まで
公募0株
売出し708,600株
OA106,200株
吸収金額13.8億円
時価総額45.7億円
想定価格1,690円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ダイワ通信IPO幹事のSBI証券

ダイワ通信IPOの概要

ダイワ通信IPOはセキュリティ事業として、防犯カメラ、監視カメラの開発・販売や、AI顔認証温度検知システムの開発・販売などを行っています。

また、ダイワ通信IPOはモバイル事業として、各種スマートフォンやアクセサリー類を販売しています。

ダイワ通信IPOの規模(吸収金額13.8億円)はさほど大きくありませんが、公募株ゼロの売出株のみというのが気になります。

ただ、ダイワ通信IPOはIoTAIといったテーマ性がある事業を行っていることで関心を集めるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ダイワ通信IPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券を含めて5社というコンパクトな幹事団になっています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ダイワ通信IPOの初値予想

ダイワ通信IPOの初値予想は、仮条件決定後(12月7日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社