エネクス・インフラ投資法人(9286)IPOの新規上場が承認されました。エネクス・インフラ投資法人IPOは、2月13日に東証インフラファンド市場へ新規上場する予定です。

また、エネクス・インフラ投資法人IPOの主幹事はSMBC日興証券大和証券が共同で務めることになっています。

エネクス・インフラ投資法人IPOは、先日新規承認されたエスコンジャパンリート投資法人IPOとの同時上場になります。2月はIPO閑散期なので、わざわざ同時上場にしなくてもと思うのは私だけでしょうか。

エネクス・インフラ投資法人

エネクス・インフラ投資法人(東証インフラファンドIPO)のIPO基本情報

銘柄名エネクス・インフラ投資法人
コード9286
主幹事証券SMBC日興証券
大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
野村證券
SBI証券
上場日2月13日
仮条件決定日1月23日
ブックビルディング期間1月25日から1月31日まで
公開価格決定日2月1日
申込期間2月5日から2月8日まで
公募90,000口
売出し0口
OA4,500口
吸収金額94.5億円
時価総額91億円
想定価格100,000円
初値価格上場後に追記


エネクス・インフラ投資法人IPO主幹事のSMBC日興証券

エネクス・インフラ投資法人IPOの概要

エネクス・インフラ投資法人IPOは、地球にやさしい再生可能エネルギーの普及・拡大を通じて、地球環境への貢献と持続可能な社会の実現を目指し、太陽光発電設備等を中心とする再生可能エネルギー発電設備等への投資を行っています。

ちなみに、エネクス・インフラ投資法人IPOのスポンサーは伊藤忠エネクス三井住友信託銀行マーキュリアインベストメントマイオーラの4社です。

インフラファンドIPOは、第一弾のタカラレーベン・インフラ投資法人以外は全て初値が公開価格を割れているため印象が良くありません。

また、伊藤忠は9月に新規上場した伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人の初値が公開価格を割れたため、スポンサー力という点でも疑問符がつくので、慎重に判断する必要があると思います。

※インフラファンドIPOは通常のIPOと性質が異なりますので、初心者の方は注意して下さい。

エネクス・インフラ投資法人IPOでオススメの幹事証券

主幹事のSMBC日興証券は、インフラIPOやリートIPOで比較的当選しやすい証券会社なので、今回も期待できそうです。


SMBC日興証券のIPOルール

また、SBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので申込み必須の証券会社です。


SBI証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エネクス・インフラ投資法人IPOのその他情報はこちら

エネクス・インフラ投資法人IPOの初値予想

エネクス・インフラ投資法人IPOの初値予想は、仮条件決定後(1月23日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社