エスコンジャパンリート投資法人(2971)IPOの新規上場が承認されました。エスコンジャパンリート投資法人IPOは、来年の2月13日に東証REIT(リート)市場へ新規上場する予定になっています。

また、エスコンジャパンリート投資法人IPOの主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が務めることになっています。

エスコンジャパンリート投資法人IPOは、2019年のREIT(リート)IPO第一弾です。今の地合いでは、REIT(リート)IPOは厳しそうなので、上場日までに少しでも地合いが良くなっていてほしいですね。

エスコンジャパンリート投資法人

エスコンジャパンリート投資法人(東証リートIPO)のIPO基本情報

銘柄名エスコンジャパンリート投資法人
コード2971
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
マッコリーキャピタル証券
大和証券
SBI証券
FFG証券
カブドットコム証券
上場日2月13日
仮条件決定日1月25日
ブックビルディング期間1月28日から2月1日まで
公開価格決定日2月4日
申込期間2月5日から2月8日まで
公募188,351口
売出し0口
OA9,189口
吸収金額207.4億円
時価総額248.9億円
想定価格105,000円
初値価格上場後に追記


エスコンジャパンリート投資法人IPO幹事のSBI証券

エスコンジャパンリート投資法人IPOの概要

エスコンジャパンリート投資法人IPOは、今後も継続的な人口集中が予想される四大都市圏(首都圏、近畿圏、中京圏、福岡圏)に位置する地域コミュニティに根差した暮らし密着型商業施設及びその底地に重点投資を行うポートフォリオを構築し、収益の長期安定性と成長性を追求している投資法人です。

また、エスコンジャパンリート投資法人IPOはスポンサーである日本エスコンが総合デベロッパーとして培った不動産開発・運営の経験を活かし、運用資産の着実な成長を目指すことによって、投資主価値の最大化を図っています。

エスコンジャパンリート投資法人IPOは、これといった特色がなく、スポンサー力もイマイチなので、やや厳しそうな気がします。

※REIT(リート)IPOは通常のIPOと異なりますので、初心者の方は注意して下さい。

エスコンジャパンリート投資法人IPOでオススメの幹事証券

主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券はもとより、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も要チェックです。


SBI証券のIPOルール

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事なので、同グループのカブドットコム証券が委託幹事入りした場合は穴場になるかもしれませんね。←正式に決定しました!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エスコンジャパンリート投資法人IPOのその他情報はこちら

エスコンジャパンリート投資法人IPOの初値予想

エスコンジャパンリート投資法人IPOの初値予想は、仮条件決定後(1月25日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社