フレクト(4414)IPOの新規上場が承認されました。フレクトIPOは、12月10日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、フレクトIPOの主幹事は大和証券が務めることになっています。

12月は毎年IPOラッシュになるので、今年もどのくらいのIPOが新規上場するか楽しみですね。

フレクト

フレクト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フレクト
コード4414(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
みずほ証券
SBI証券
auカブコム証券
CONNECT
上場日12月10日
仮条件決定日11月19日(2,210円~2,550円に決定)
ブックビルディング期間11月24日から11月30日
公開価格決定日12月1日(2,550円に決定)
申込期間12月3日から12月8日まで
公募250,000株
売出し255,000株
OA75,700株
吸収金額12.8億円
時価総額62.8億円
想定価格2,210円→公開価格:2,550円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
フレクトIPO幹事のSMBC日興証券

フレクトIPOの概要

フレクトIPOは、企業の既存事業や新規事業のDX(デジタルトランスフォーメーション)をサービス企画からデザイン、マルチクラウド開発、運用までをワンストップで提供し、新しい顧客体験の創造・成長を支援するサービスを展開しています。

また、フレクトIPOはSaaS型モビリティ業務最適化クラウドサービス「Cariot」も提供しています。

フレクトIPOは、規模(吸収金額12.8億円)がそれほど大きくなく、DXクラウドというテーマ性もあるので、それなりに期待できそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フレクトIPOの幹事団は、主幹事の大和証券をはじめ、IPOでお馴染みのSMBC日興証券SBI証券などの6社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

フレクトIPOの初値予想

フレクトIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月19日以降)に追記させていただきます。

3,800円 (想定価格比:+1,590円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,900円~3,400円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,400円~3,800円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社