フロンティア(4250)IPOの新規上場が承認されました。フロンティアIPOは、11月1日に福岡証券取引所Q-Boardに新規上場する予定です。

また、フロンティアIPOの主幹事はエイチ・エス証券が務めることになっています。

ちなみに、フロンティアIPOはTOKYO PRO Market(プロ投資家向けマーケット)からの鞍替え上場になるので、9月13日に新規上場したGeolocation Technology(4018)IPOと全く同じパターンですね。

フロンティア

フロンティア(福証Q-Board)のIPO基本情報

銘柄名フロンティア
コード4250(化学)
主幹事証券エイチ・エス証券
幹事証券(委託含む)岡三証券
ひろぎん証券
藍澤證券
西日本シティTT証券
FFG証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日11月1日
仮条件決定日10月11日(830円~930円に決定)
ブックビルディング期間10月13日から10月19日
公開価格決定日10月20日(930円に決定)
申込期間10月22日から10月27日まで
公募50,000株
売出し50,000株
OA15,000株
吸収金額1.1億円
時価総額6.3億円
想定価格910円→公開価格:930円
初値価格初値決定後に追記


フロンティアIPO幹事のマネックス証券

フロンティアIPOの概要

フロンティアIPOは、自社で企画設計した自動車アフターパーツ(サイドバイザー、フロアマット等)を提携工場にて製品化し、全国の自動車販売店や自動車部品卸売業者へ販売しています。

また、フロンティアIPOは主に個人顧客を対象として、自社で企画設計した自動車アフターパーツなどをウェブサイトにて販売しています。

さらに、フロンティアIPOはOEM/ODM事業として、多くの半導体やソフトウエア等を採用する高価格帯の電子玩具など、取引先の要望する商品の製造を受託し、自社が選定した工場にて製品化しています。

フロンティアIPOは地方市場(福証Q-Board)への新規上場で、自動車部品等の企画・販売事業も新鮮味に欠けます。ただ、規模(吸収金額1.1億円)が小さいため、需給面で注目されるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

フロンティアIPOの幹事団は、主幹事のエイチ・エス証券を中心に、SBI証券マネックス証券などの8社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りする可能性がありそうです。←正式に決定しました!

フロンティアIPOの初値予想

フロンティアIPOの初値予想は、仮条件決定後(10月11日以降)に追記させていただきます。

1,200円 (想定価格比:+290円)

(※大手予想会社の初値予想:1,000円~1,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社