GameWith(6552)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(6月15日)から開始されます。GameWithは、同時上場するツナグ・ソリューションズSYSホールディングスよりも規模が大きいので、資金分散の影響を受けるかもしれません。

ただ、このところゲーム関連株は活況なので、GameWithも注目度が高まりそうです。

GameWith

GameWith(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名GameWith
コード6552
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
いちよし証券
岡三証券
東海東京証券
ライブスター証券
上場日6月30日
仮条件決定日6月14日(1,720円~1,920円に決定)
ブックビルディング期間6月15日から6月21日まで
公開価格決定日6月22日(1,920円に決定)
申込期間6月23日から6月28日まで
公募50,000株
売出し683,400株
OA110,000株
吸収金額14.5億円
想定価格1,720円
初値価格4,490円

GameWith(6552)IPOの事業内容

GameWithは、「ゲームをより楽しめる世界を創る」という経営理念のもと、国内最大級のゲームアプリサイト「GameWith」を運営している企業です。

ちなみに、「GameWith」は、リリースから3年半で月間8.9億PVを超えており、会員数(65万人)も2016年3月から2017年3月までで10倍に急拡大しています。

また、「GameWith」ではゲーム攻略記事を中心に、ゲームレビューや動画配信コンテンツも配信しており、ユーザー同士のコミュニティ機能も充実しています。

さらに、GameWithは上記のコンテンツを提供する中で、「ネットワーク広告」又は「タイアップ広告」を販売することなどでも収益を得ています。

GameWith(6552)IPOの業績

GameWithの業績

(※画像クリックで拡大)

GameWith(6552)IPOの業績は右肩上がりで伸びており、今のところ好調そうですね。

GameWithのIPO評価

GameWithは、ゲームが好きな方の間で知名度が高く、業績好調で今後の成長も見込めるため、それなりの人気を集めると思います。

ただ、GameWithは同時上場する3社の中で一番規模(14.5億円)が大きく、売出株の多さやVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も気になります。

よって、GameWithのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。GameWithは、VC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

GameWithは3社同時上場なので、他銘柄の動向にもよりますが、ゲーム関連株の好調さが追い風になって、さらに良い初値が付く可能性もありそうです。


にほんブログ村

GameWith(6552)IPOのその他情報はこちら

GameWith(6552)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

GameWith(6552)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込む予定です。主幹事の大和証券は、チャンス当選の可能性もあるので期待度が高まります。

また、IPO幹事常連組のSMBC日興証券SBI証券も申し込み必須ですね。追記:ライブスター証券が委託幹事に決定したので要チェックです!

GameWith(6552)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岡三証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
ライブスター証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社