ゼネテック(4492)IPOの新規上場が承認されました。ゼネテックIPOは、3月19日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場する予定です。

また、ゼネテックIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。ゼネテックIPOは、本日同じく新規承認された関通IPO日本インシュレーションIPOとの3社同時上場になります。

ゼネテック

ゼネテック(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ゼネテック
コード4492(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)岡三証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日3月19日
仮条件決定日2月28日(1,600円~1,700円に決定)
ブックビルディング期間3月3日から3月9日まで
公開価格決定日3月10日(1,700円に決定)
申込期間3月11日から3月16日まで
公募312,000株
売出し129,300株
OA66,100株
吸収金額8.6億円
時価総額32.6億円
想定価格1,700円→公開価格:1,700円
初値価格1,620円


ゼネテックIPO幹事のマネックス証券

ゼネテックIPOの概要

ゼネテックIPOは、日本の組込みシステム開発の先駆者(パイオニア・リーディングカンパニー)として、高度な技術とノウハウを駆使し、ソフトウェア開発とハードウェア開発の双方を行っている企業です。

また、ゼネテックIPOは顧客満足度を第一に考えた「ものづくり」における最適なソリューションを提案するエンジニアリングソリューション事業や、IoTに必要なプラットフォームを提供するIoT・クラウドソリューション事業なども展開しています。

ゼネテックIPOは3社同時上場になりますが、規模(吸収金額8.6億円)が小さいため、それでも需給面で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ゼネテックIPOのその他情報はこちら

ゼネテックIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券をはじめ、IPO抽選組に人気のSBI証券マネックス証券などの5社で構成されています。

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

ゼネテックIPOの初値予想

ゼネテックIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月28日以降)に追記させていただきます。

2,550円→1,700円 (公開価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想:2,800円~3,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社