Fast Fitness Japan(7092)IPOの新規上場が承認されました。Fast Fitness Japan(ファスト・フィットネス・ジャパン)IPOは、3月18日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、Fast Fitness JapanのIPO主幹事は、野村證券が務めることになっています。3月のIPOはこれで15銘柄になりました。まさに怒涛のIPOラッシュですね。

※上場中止になりました!

Fast Fitness Japan

Fast Fitness Japan(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Fast Fitness Japan
コード7092(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
むさし証券
マネックス証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日3月18日(上場中止
仮条件決定日2月27日(2,560円~2,960円に決定)
ブックビルディング期間3月2日から3月6日まで
公開価格決定日3月9日(2,960円に決定)
申込期間3月10日から3月13日まで
公募1,600,000株
売出し200,000株
OA270,000株
吸収金額51.1億円
時価総額268億円
想定価格2,470円→公開価格:2,960円
初値価格上場中止

SMBC日興証券 オンライントレード
Fast Fitness Japan(7092)IPO幹事のSMBC日興証券

Fast Fitness JapanのIPO概要

Fast Fitness Japan(7092)IPOは、24時間型フィットネスクラブ「エニタイムフィットネス」の日本におけるフランチャイズシステムを運営している企業です。

Fast Fitness Japanがフランチャイザーとして運営するFC店及び直営店のネットワークは、都心部に限らず全国各地に広がっており、2019年12月31日現在において、全国45都道府県に合計693店舗を展開しています。

エニタイムフィットネス」はそれなりの知名度があると思いますが、規模(吸収金額51.1億円)の大きさが気になります。

また、昨年IPO新規上場したパーソナルトレーニングジム運営のトゥエンティーフォーセブン(7074)が、上場後に業績を下方修正して株価が急落したため、Fast Fitness Japanも警戒されてしまうかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Fast Fitness Japan(7092)IPOのその他情報はこちら

Fast Fitness Japan(7092)IPOの幹事団は、主幹事の野村證券を中心に、IPOでお馴染みのSMBC日興証券SBI証券などの6社で構成されています。

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうです。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

Fast Fitness Japan(7092)IPOの初値予想

Fast Fitness Japan(7092)IPOの初値予想は、仮条件決定後(2月27日以降)に追記させていただきます。

3,000円 (想定価格比:+530円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,500円~2,900円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,900円~3,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社