ドラフト(5070)IPOの新規上場が承認されました。ドラフトIPOは、3月17日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ドラフトIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

ドラフトIPOは、すでに新規承認されているリビングプラットフォームIPOミアヘルサIPOとの3社同時上場になってしまいますね。

ドラフト

ドラフト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ドラフト
コード5070(建設業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
野村證券
極東証券
いちよし証券
上場日3月17日
仮条件決定日2月28日(1,520円~1,580円に決定)
ブックビルディング期間3月2日から3月6日まで
公開価格決定日3月9日(1,580円に決定)
申込期間3月10日から3月13日まで
公募720,000株
売出し460,000株
OA177,000株
吸収金額20.1億円
時価総額67.9億円
想定価格1,520円→公開価格:1,580円
初値価格1,221円

SMBC日興証券 オンライントレード
ドラフトIPO主幹事のSMBC日興証券

ドラフトIPOの概要

ドラフトIPOは、デザイン性と実現力を強みとした専門集団として、オフィス・インテリア・建築設計など空間創造に関わる総合的なデザインを提供します。

また、ドラフトIPOはオフィス移転・新設トータルコンサルティングや、WEB企画制作・運営支援なども行っています。

ドラフトIPOは、リビングプラットフォームIPOミアヘルサIPOとの3社同時上場で、規模(吸収金額20.1億円)もそれなりにあるため、資金分散の影響などが気になります。

ただ、業績は好調そうなので、事業面でどれだけ評価されるかがポイントになりそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ドラフトIPOのその他情報はこちら

ドラフトIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券やIPOの取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券など、合計6社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ドラフトIPOの初値予想

ドラフトIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月28日以降)に追記させていただきます。

1,800円→1,453円 (公開価格比:-127円)

(※大手予想会社の初値予想:1,700円~2,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社