HANATOUR JAPAN(6561)IPOは韓国の大手旅行会社HANATOUR SERVICEの子会社で、主に韓国からの日本向けインバウンド旅行業を行っているため、東京オリンピックに向けて需要の拡大が見込めそうです。

しかし、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)はマザーズにしては規模(吸収金額75.7億円)が大きく、今の風潮から韓国系企業という点もマイナスに働きそうですね。

HANATOUR JAPAN

HANATOUR JAPAN(6551)IPOの関連記事

HANATOUR JAPAN(6551)IPOのBBスタンスとIPO評価!

HANATOUR JAPAN(6561)IPOの新規上場を承認!

HANATOUR JAPAN(6551)IPOの仮条件

1,900円~2,000円

HANATOUR JAPAN(6551)IPOの仮条件は、想定価格の2,580円を大幅に下回るレンジで設定されました。

HANATOUR JAPAN(6551)IPOは、新規承認時から規模の大きさと上場タイミングが不安視されていましたが、それにしてもここまで仮条件が下振れするとは思いませんでした。

ちなみに、HANATOUR JAPAN(6551)IPOの公開価格が仮条件の上限(2,000円)で決まると、吸収金額75.7億円から58.7億円にダウンします。

ただ、規模が小さくなることよりも、仮条件が大幅に下振れたことの方が問題ですね。


IPOは前受金不要(事前入金)!

HANATOUR JAPAN(6551)IPOの初値予想

1,900円 (想定価格比:-680円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,680円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,680円~2,800円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:2,000円~2,200円)

HANATOUR JAPAN(6551)IPOは、仮条件が大幅に下振れしてしまったため、かなり印象が悪くて警戒されそうです。

また、HANATOUR JAPAN(6551)IPOはインバウンドというテーマ性があり、業績も好調ですが、韓国系企業というところが懸念されます。

よって、HANATOUR JAPAN(6551)IPOの初値は、公開価格を割れる可能性が高そうなので、あえて参加する必要はないと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

HANATOUR JAPAN(6551)IPOのその他初値予想はこちら

HANATOUR JAPAN(6551)IPOの幹事団

HANATOUR JAPAN(6551)IPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
極東証券
岡三オンライン証券

HANATOUR JAPAN(6551)IPOは規模が大きくて当選枚数も多いため、主幹事のみずほ証券ならかなりチャンスがありそうです。

また、平幹事のSMBC日興証券SBI証券もそこそこ期待出来そうです。ただし、かなりリスクがありそうなので、個人的にはあまりオススメしません。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社