ランディックス(2981)IPOの新規上場が承認されました。ランディックスIPOは、12月19日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ランディックスIPOの主幹事は大和証券が務めることになっています。

ランディックスIPOは、すでに新規承認されているSREホールディングスIPOとの同時上場になります。12月16日からは怒涛のIPOラッシュですね。

ランディックス

ランディックス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ランディックス
コード2981
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
楽天証券
岡三証券
岩井コスモ証券
SMBC日興証券
岡三オンライン証券
上場日12月19日
仮条件決定日12月3日(1,530円~1,630円に決定)
ブックビルディング期間12月4日から12月10日まで
公開価格決定日12月11日
申込期間12月12日から12月17日まで
公募400,000株
売出し250,000株
OA97,500株
吸収金額11.4億円
時価総額41.8億円
想定価格1,530円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ランディックスIPO幹事のSBI証券

ランディックスIPOの概要

ランディックスIPOは、富裕層に特化したリアルエステートTECH企業として、世田谷区・目黒区・大田区・渋谷区・港区・品川区の城南エリアを中心に不動産デベロップメント事業を行っています。

また、ランディックスIPOはオーダーメイド住宅を建てるためのプロセス(土地探し~建築業者選定~ローン締結~建物完成)をワンストップで無料コーディネートするポータルサイト「sumuzu(スムーズ)」も運営しています。

ランディックスIPOはSREホールディングスIPOとの同時上場になりますが、さほど規模(吸収金額11.4億円)が大きくないので、需給面や不動産テックというテーマ性で関心を集めそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ランディックスIPOの幹事団は、主幹事の大和証券をはじめ、SBI証券SMBC日興証券などの7社で構成されています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループで前受金不要(事前入金不要)の岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

ランディックスIPOの初値予想

ランディックスIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月3日以降)に追記させていただきます。

2,300円 (想定価格比:+770円)

(※大手予想会社の初値予想:2,000円~2,300円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社