gooddaysホールディングス(4437)IPOの新規上場が承認されました。gooddaysホールディングスIPOは、3月25日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、gooddaysホールディングスIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。3月のIPOもいよいよ大詰めですね。

gooddaysホールディングス

gooddaysホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名gooddaysホールディングス
コード4437
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
みずほ証券
SBI証券
東海東京証券
エイチ・エス証券
丸三証券
岡三証券
岡三オンライン証券
上場日3月25日
仮条件決定日3月6日(2,000円~2,280円に決定)
ブックビルディング期間3月7日から3月13日まで
公開価格決定日3月14日(2,280円に決定)
申込期間3月15日から3月20日まで
公募189,400株
売出し84,000株
OA32,800株
吸収金額7億円
時価総額36.9億円
想定価格2,280円→公開価格:2,280円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
gooddaysホールディングスIPO主幹事のSMBC日興証券

gooddaysホールディングスIPOの概要

gooddaysホールディングスIPOは、「暮らし×ITで実現する未来のふつう」というミッションのもと、暮らしTech(Living(暮らし)とTechnology(テクノロジー)の造語)として、賃貸物件のリノベーション事業を展開しています。

また、gooddaysホールディングスIPOは流通分野に強みを持つシステム開発や、グループ企業向けにシステム開発を行う事業子会社の経営管理及びそれに付帯する業務も行っています。

不動産事業はIPOで人気とは言えませんが、規模(吸収金額7億円)の小ささで関心を集めそうです。

gooddaysホールディングスIPOでオススメの幹事証券

主幹事のSMBC日興証券は、2019年2月22日からダイレクトコース限定(ネット口座)でステージおよびIPO優遇特典が導入されます。

新規に口座開設された方は、3ヶ月間優遇されるので、この機会に口座開設するとお得です。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

gooddaysホールディングスIPOのその他情報はこちら

gooddaysホールディングスIPOの初値予想

gooddaysホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月6日以降)に追記させていただきます。

4,000円 (想定価格比:+1,720円)

(※大手予想会社の初値予想:3,500円~4,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社