インバウンドテック(7031)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の6月12日から始まります。インバウンドテックは、マザーズの小型IPOとして人気を集めると思います。

ただ、上場日の6月27日はインバウンドテックを含む4社が同時上場するので、資金分散の影響を受けるかもしれませんね。

※新規上場の承認が取り消されました!

インバウンドテック

インバウンドテック(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名インバウンドテック
コード7031
主幹事証券東海東京証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
香川証券
エイチ・エス証券
むさし証券
エース証券
マネックス証券
上場日6月27日
仮条件決定日6月8日(3,810円~3,980円に決定)
ブックビルディング期間6月12日から6月18日まで
公開価格決定日6月19日(3,980円に決定)
申込期間6月20日から6月25日まで
公募135,000株
売出し64,400株
OA29,900株
吸収金額8.7億円
時価総額30.4億円
想定価格3,810円→公開価格:3,980円
初値価格新規上場の承認取り消し

インバウンドテックIPOの事業内容

インバウンドテックは、「私たちが関わる全ての人に最上級の感動を提供し続けること」をミッションに掲げ、マルチリンガルCRM事業セールスアウトソーシング事業を展開しています。

マルチリンガルCRM事業では、、主にクライアントの顧客(エンドユーザー)向けに展開するサポート業務を受託し、自社の24時間365日対応の多言語コンタクトセンターにて、クライアントに代わってエンドユーザーからの問い合わせに対応しています。

セールスアウトソーシング事業では、インバウンドテックがクライアントに代わって見込み顧客に対して営業(インサイドセールス)を行うサービスを展開しています。

インバウンドテックの事業系統図

インバウンドテックの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

その他、高品質のコンタクトセンターの構築から運営までをアウトソーシングサービスとして提供するコンタクトセンターBPO事業や、ビジネスの初動である企画・提案段階からプロジェクトの実行までを一括して請け負う専門型営業アウトソーシングサービスも行っています。

インバウンドテックIPOの業績

インバウンドテックの業績

(※画像クリックで拡大)

インバウンドテックの業績は3期分しかありませんが、概ね好調に推移しているようです。

インバウンドテックのIPO評価

インバウンドテックは4社同時上場ではありますが、規模(吸収金額8.7億円)が小さいので、それでも人気を集めると思います。

また、インバウンドテックの業種に合わせた通訳ソリューションサービスは、東京オリンピックに向けてインバウンド関連銘柄としても注目されそうです。

よって、インバウンドテックのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。インバウンドテックIPOは、公開価格の1.5倍から2倍程度の初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

インバウンドテックIPOのその他情報はこちら

インバウンドテックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

インバウンドテックIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。主幹事の東海東京証券はもちろんのこと、平幹事のSBI証券マネックス証券なども、もらさず申し込みたいと思います。

インバウンドテックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
東海東京証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
香川証券 口座なし
エイチ・エス証券 BB参加
むさし証券 BB参加
エース証券 口座なし
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ