キオクシアホールディングス(6600)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の9月18日からスタートします。キオクシアホールディングスは今年最大規模の超大型IPOです。

キオクシアホールディングスは、旧東芝メモリということもあって話題性も抜群ですが、とにかく規模が大きくて、前日にも大型なダイレクトマーケティングミックスが新規上場するため、需給面は厳しそうですね。

キオクシアホールディングス

キオクシアホールディングス(東証1部又は2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名キオクシアホールディングス
コード6600(電気機器)
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
ゴールドマン・サックス証券
JPモルガン証券
SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
幹事証券(委託含む)クレディ・スイス証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
SBI証券
auカブコム証券
上場日10月6日
仮条件決定日9月17日(2,800円~3,500円に決定)
ブックビルディング期間9月18日から9月25日まで
公開価格決定日9月28日
申込期間9月29日から10月2日まで
公募21,562,500株
売出し66,068,900株
(国内:9,108,500株
海外:56,960,400株)
OA7,886,900株
(国内:2,760,400株
海外:5,126,500株)
吸収金額3,782.5億円
(国内:1,323.9億円
海外:2,458.6億円)
時価総額2兆1346.9億円
想定価格3,960円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

キオクシアホールディングスIPOの事業内容

キオクシアホールディングスは世界で最大級のフラッシュメモリ企業です。ちなみに、キオクシアとは日本語の「記憶(KIOKU)」とギリシャ語の「価値(AXIA)」に由来しているとのことです。

キオクシアホールディングスは、業界をリードする技術競争力と生産規模・生産効率に基づくコスト競争力という強みを活かし、製造合弁契約を結ぶWestern Digitalグループと合わせたフラッシュメモリの2019年の出荷量は世界最大級となる約35%のシェアを有しています。

キオクシアホールディングスの直近の主要な新製品

キオクシアホールディングスの直近の主要な新製品

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. フラッシュメモリの今後の需要増加に対応すると共に、継続的なコスト競争力の向上を図るための生産能力増強に係る設備投資

キオクシアホールディングスIPOの業績

キオクシアホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

キオクシアホールディングスIPOの業績は概ね堅調そうですね。

キオクシアホールディングスのIPO評価

キオクシアホールディングスは、やはり規模(吸収金額3,782.5億円(国内:1,323.9億円))の大きさが最大のネックだと思います。

ただ、国内より海外への配分が多いため、海外の人気次第といった面もうかがえます。

また、キオクシアホールディングスは今年最大級のIPOだけに注目度が高く、メモリ事業もまだまだ需要が見込めそうです。

いずれにしても、これだけの規模になると、地合いも大きく影響しそうです。よって、キオクシアホールディングスのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。

キオクシアホールディングスIPOは、今のところ公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

キオクシアホールディングスIPOのその他情報はこちら

キオクシアホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

キオクシアホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

キオクシアホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB検討中
野村證券 (主幹事) BB検討中
ゴールドマン・サックス証券 (主幹事) 口座なし
JPモルガン証券 (主幹事) 口座なし
SMBC日興証券 (主幹事) BB検討中
大和証券 (主幹事) BB検討中
みずほ証券 (主幹事) BB検討中
クレディ・スイス証券 口座なし
松井証券 BB検討中
マネックス証券 BB検討中
楽天証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
auカブコム証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング