キオクシアホールディングス(6600)IPOの新規上場が承認されました。キオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は、10月6日に東京証券取引所1部市場又は2部市場へ新規上場する予定です。

また、キオクシアホールディングスIPOの主幹事は野村證券三菱UFJモルガン・スタンレー証券SMBC日興証券など、国内5大証券が共同で主幹事を務めることになっています。

キオクシアホールディングスIPOは、数年前からIPO候補としてピックアップされており、数日前から新規上場が承認されると報じられていたので、とうとう来たかという感じですね。

キオクシアホールディングス

キオクシアホールディングス(東証1部又は2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名キオクシアホールディングス
コード6600(電気機器)
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
野村證券
ゴールドマン・サックス証券
JPモルガン証券
SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
幹事証券(委託含む)クレディ・スイス証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
SBI証券
auカブコム証券
上場日10月6日
仮条件決定日9月17日(2,800円~3,500円に決定)
ブックビルディング期間9月18日から9月25日まで
公開価格決定日9月28日
申込期間9月29日から10月2日まで
公募21,562,500株
売出し66,068,900株
(国内:9,108,500株
海外:56,960,400株)
OA7,886,900株
(国内:2,760,400株
海外:5,126,500株)
吸収金額3,782.5億円
(国内:1,323.9億円
海外:2,458.6億円)
時価総額2兆1346.9億円
想定価格3,960円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
キオクシアホールディングスIPO共同主幹事のSMBC日興証券

キオクシアホールディングスIPOの概要

キオクシアホールディングスIPOは、2017年4月1日に株式会社東芝のメモリ事業を会社分割により承継し、2019年10月1日付けで東芝メモリホールディングス株式会社からキオクシアホールディングス株式会社へと社名を変更して現在に至っています。

キオクシアホールディングスIPOは、NAND型フラッシュメモリ、三次元フラッシュメモリ、SSD、microSDメモリカード、USBフラッシュメモリなどの開発・製造・販売事業等を営むグループ会社の経営戦略策定及び管理を行っている企業です。

キオクシアホールディングスIPOは、今年最大規模のIPOだけに話題性は抜群なので、良くも悪くも注目度は高いと思います。

しかし、キオクシアホールディングスIPOはとにもかくにも規模(吸収金額3,782.5億円(国内:1,323.9億円))が大きいため、需給面で警戒されそうです。

キオクシアホールディングスIPOのような超大型IPOは、規模が大きいだけに複数当選の可能性も高いため、上手くハマれば美味しいIPOになりますが、地合いにも大きく左右されるので、BB(ブックビルディング)締切り直前まで慎重に見極める必要があると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

キオクシアホールディングスIPOのその他情報はこちら

キオクシアホールディングスIPOの幹事団は、共同主幹事の野村證券三菱UFJモルガン・スタンレー証券SMBC日興証券などを中心に、IPOでお馴染みのSBI証券マネックス証券などが顔を揃えています。


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同主幹事なので、同グループのauカブコム証券が穴場になるかもしれませんね。←正式に決定しました!

キオクシアホールディングスIPOの初値予想

キオクシアホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(9月17日以降)に追記させていただきます。

3,300円 (想定価格比:-660円)

(※大手予想会社の初値予想:3,500円~4,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社