ユナイトアンドグロウ(4486)IPOの新規上場が承認されました。ユナイトアンドグロウIPOは、12月18日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ユナイトアンドグロウIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

本日は、後ほどご紹介するランディックスIPOスペースマーケットIPOも新規承認されおり、かなりの過密スケジュールになってきましたね。

ユナイトアンドグロウ

ユナイトアンドグロウ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ユナイトアンドグロウ
コード4486
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
丸三証券
エース証券
松井証券
上場日12月18日
仮条件決定日12月2日(1,210円~1,270円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月9日まで
公開価格決定日12月10日
申込期間12月11日から12月16日まで
公募367,400株
(新株式発行:349,500株
自己株式の処分:17,900株)
売出し102,000株
OA70,400株
吸収金額6.5億円
時価総額22億円
想定価格1,210円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ユナイトアンドグロウIPO主幹事のSMBC日興証券

ユナイトアンドグロウIPOの概要

ユナイトアンドグロウIPOは、中堅・中小企業の情報システム部門を対象としたIT人材や知識のシェアリングサービス「シェアード社員」を提供している企業です。

また、ユナイトアンドグロウIPOは情報システムのノウハウを記録・共有するオープンナレッジサービス「syszo」の運営も行っています。

さらに、ユナイトアンドグロウIPOは連結子会社のfjコンサルティング株式会社において、セキュリティコンサルティングサービスも提供しています。

ユナイトアンドグロウIPOは、BuySell TechnologiesJTOWERとの3社同時上場になりますが、その中でも一番小型(吸収金額6.5億円)なので、それでも需給面で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ユナイトアンドグロウIPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券を中心に、SBI証券マネックス証券などの6社で構成されています。規模が小さいだけにコンパクトな幹事団ですね。


マネックス証券のIPOルール

ユナイトアンドグロウIPOの初値予想

ユナイトアンドグロウIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月2日以降)に追記させていただきます。

2,900円 (想定価格比:+1,690円)

(※大手予想会社の初値予想:2,500円~3,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社