メイホーホールディングス(7369)IPOの新規上場が承認されました。メイホーホールディングスIPOは、6月2日に東証マザーズ市場及び名証セントレックス市場へ新規上場する予定です。

また、メイホーホールディングスIPOの主幹事は東海東京証券が務めることになっています。

5月は、残念ながらIPOの新規上場がありませんが、早くも6月のIPOが新規承認されて一安心ですね。

メイホーホールディングス

メイホーホールディングス(東証マザーズ及び名証セントレックスIPO)のIPO基本情報

銘柄名メイホーホールディングス
コード7369(サービス業)
主幹事証券東海東京証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
安藤証券
水戸証券
岡三オンライン証券
上場日6月2日
仮条件決定日5月17日
ブックビルディング期間5月18日から5月24日
公開価格決定日5月25日
申込期間5月26日から5月31日まで
公募300,000株
売出し104,000株
OA60,600株
吸収金額7.8億円
時価総額25.1億円
想定価格1,670円
初値価格上場後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
メイホーホールディングスIPO幹事のSMBC日興証券

メイホーホールディングスIPOの概要

メイホーホールディングスIPOは、国および地方公共団体を主な顧客として、道路や河川、橋梁などの公共工事における建設コンサルタント業務を提供しています。

また、メイホーホールディングスIPOは道路や橋梁施設等の新設工事や、現在使われている道路の維持・修繕工事などの建設事業も行っています。

さらに、メイホーホールディングスIPOは人材関連事業介護事業も展開しています。

メイホーホールディングスは、6月のIPO第一弾で規模(吸収金額7.8億円)も小さいため、需給面で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

メイホーホールディングスIPOの幹事団は、主幹事の東海東京証券を中心に、SMBC日興証券SBI証券などの7社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

メイホーホールディングスIPOの初値予想

メイホーホールディングスIPOの初値予想は、仮条件決定後(5月17日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社