M&A総合研究所(9552)IPOの新規上場が承認されました。M&A総合研究所IPOは6月28日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、M&A総合研究所IPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。

M&A総合研究所IPOは本日同じく新規承認されたヌーラボIPOとの同時上場になります。

M&A総合研究所

M&A総合研究所(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名M&A総合研究所
コード9552(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
東洋証券
あかつき証券
auカブコム証券
LINE証券
上場日6月28日
仮条件決定日6月10日(1,210円~1,330円に決定)
ブックビルディング期間6月13日から6月17日
公開価格決定日6月20日(1,330円に決定)
申込期間6月21日から6月24日まで
公募50,000株
売出し1,581,700株→4,109,900株
(国内:3,253,600株
海外:856,300株)
OA244,700株→623,900株
吸収金額22.7億円→57.9億円
(国内:47.5億円
海外:10.4億円)
時価総額224.2億円
想定価格1,210円→公開価格:1,330円
初値価格初値決定後に追記

マネックス証券
M&A総合研究所IPO幹事のマネックス証券

M&A総合研究所IPOの概要

M&A総合研究所IPOはM&Aアドバイザーが専属でフルサポートするM&A仲介事業を展開しています。

M&A総合研究所IPOは革新的なAI技術の開発や日本トップレベルのAIマッチングアルゴリズムの活用により、従来では予測できなかったM&Aマッチングを高速で実現しています。

また、M&A総合研究所IPOはM&Aメディア事業として国内最大級のM&A情報発信メディア「M&A総合研究所ポータル」と「M&A総合研究所マガジン」を運営しています。

M&A総合研究所IPOはそれなりの規模(吸収金額22.7億円)ですが、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)への販売も予定されています。

M&A総合研究所IPOは業績好調ですが、IPOラッシュ終盤での同時上場で、ほぼ売出株というのも少し気になりますね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

M&A総合研究所IPOの幹事団は主幹事の野村證券をはじめ、SMBC日興証券などの5大証券が顔を揃えています。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

また、主幹事が野村證券なので、IPOで手を組んでいるLINE証券も委託幹事入りするかもしれません。←正式に決定しました!

さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

M&A総合研究所IPOの初値予想

M&A総合研究所IPOの初値予想は、仮条件決定後(6月10日以降)に追記させていただきます。

1,730円 (想定価格比:+520円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,400円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,600円~2,100円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社