ヌーラボ(5033)IPOの新規上場が承認されました。ヌーラボIPOは6月28日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、ヌーラボIPOの主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

ヌーラボIPOは先ほどご紹介したM&A総合研究所IPOとの同時上場になります。それにしても、6月はSMBC日興証券と野村證券が主幹事を務めるIPOばかりですね。

ヌーラボ

ヌーラボ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名ヌーラボ
コード5033(情報・通信業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)マネックス証券
西日本シティTT証券
SBI証券
上場日6月28日
仮条件決定日6月10日(960円~1,000円に決定)
ブックビルディング期間6月13日から6月17日
公開価格決定日6月20日(1,000円に決定)
申込期間6月21日から6月24日まで
公募510,300株
(国内:374,200株
海外:136,100株)
売出し1,429,000株
(国内:1,047,700株
海外:381,300株)
OA290,800株
吸収金額47.5億円
(国内:36.5億円
海外:11億円)
時価総額137.4億円
想定価格2,130円→公開価格:1,000円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
ヌーラボIPO主幹事のSMBC日興証券

ヌーラボIPOの概要

ヌーラボIPOはチームで働くすべての人が使えるプロジェクト管理ツール「Backlog」を開発・提供しています。

また、ヌーラボIPOはワイヤーフレーム、フローチャート、組織図、マインドマップなどのアイデアを形にするビジュアルコラボレーションツール「Cacoo」も開発・提供しています。

さらに、ヌーラボIPOはビジネスチャットツール「Typetalk」や、組織の情報セキュリティ・ガバナンスを強化するツール「Nulab Pass」も開発・提供しています。

ヌーラボIPOの規模(吸収金額47.5億円)は大きめですが、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)への販売も予定されています。

ヌーラボIPOはM&A総合研究所IPOとの同時上場で規模も大きいため、需給面が良好とは言えませんが、事業面では関心を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヌーラボIPOの幹事団は主幹事のSMBC日興証券を含めて4社なので、規模が大きいわりにコンパクトな構成になっています。

マネックス証券
マネックス証券のIPOは100%平等抽選

ヌーラボIPOの初値予想

ヌーラボIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月10日以降)に追記させていただきます。

1,100円 (想定価格比:-1,030円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,230円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,000円~1,100円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社