NexTone(7094)IPOの新規上場が承認されました。NexTone(ネクストーン)IPOは、3月30日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、NexToneのIPO主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。本日は、後ほどご紹介するニッソウMacbee Planetも新規承認されていますが、正直、もうお腹いっぱいですね。

NexTone

NexTone(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名NexTone
コード7094(サービス業)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)岡三証券
東海東京証券
SBI証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券
上場日3月30日
仮条件決定日3月11日(1,500円~1,700円に決定)
ブックビルディング期間3月12日から3月18日まで
公開価格決定日3月19日(1,700円に決定)
申込期間3月23日から3月26日まで
公募375,000株
売出し550,700株
OA138,800株
吸収金額20億円
時価総額57.9億円
想定価格1,880円→公開価格:1,700円
初値価格1,660円

SMBC日興証券 オンライントレード
NexTone(7094)IPO主幹事のSMBC日興証券

NexToneのIPO概要

NexTone(7094)IPOは、著作権者からの委託を受け、音楽著作物の利用の許諾と使用料の徴収・分配を行う著作権管理事業を展開しています。

また、NexTone(7094)IPOは音楽を中心としたデジタルコンテンツを国内外の配信事業者へ販売するデジタルコンテンツディストリビューション事業や、企業キャンペーンや各サービスでのコンテンツ活用をコーディネートするキャスティングサービスなども行っています。

音楽の著作権は、長きにわたって一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が独占していました。

しかし、2000年に著作権等管理事業法が成立したことを機に株式会社イーライセンスと株式会社ジャパン・ライツ・クリアランスが参入し、その後に合併・事業統合を行って誕生したのがNexToneになります。

株主には、エイベックス、アミューズ、ソニー・ミュージックなど、音楽やエンターテインメントでお馴染みの企業が名を連ねていますね。

NexTone(7094)IPOは、IPOラッシュ最終盤での3社同時上場で、規模(吸収金額20億円)もそこそこあるため、買い疲れや資金分散の影響が懸念されます。

ただ、デジタルコンテンツの著作権管理事業は、個人的に以前音楽関係の仕事をしていたこともあって注目しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

NexTone(7094)IPOのその他情報はこちら

NexTone(7094)IPOの幹事団は、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、IPO幹事常連のSBI証券マネックス証券などの5社で構成されています。

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りする可能性が高そうです。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

NexTone(7094)IPOの初値予想

NexTone(7094)IPOの初値予想は、仮条件決定後(3月11日以降)に追記させていただきます。

2,000円→1,564円 (公開価格比:-136円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,500円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,500円~2,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社