日本情報クリエイト(4054)IPOの新規上場が承認されました。日本情報クリエイトIPOは、7月31日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、日本情報クリエイトIPOの主幹事は、野村證券が務めることになっています。

日本情報クリエイトIPOは、本日同じく新規承認されたSun Asterisk(4053)IPOとの同時上場になります。

日本情報クリエイト

日本情報クリエイト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名日本情報クリエイト
コード4054(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
岡三証券
SBI証券
エース証券
楽天証券
岩井コスモ証券
極東証券
岡三オンライン証券
上場日7月31日
仮条件決定日7月10日(1,200円~1,300円に決定)
ブックビルディング期間7月13日から7月17日まで
公開価格決定日7月20日
申込期間7月21日から7月28日まで
公募800,000株
売出し690,000株
OA223,500株
吸収金額18.7億円
時価総額72.9億円
想定価格1,090円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
日本情報クリエイトIPO幹事のSBI証券

日本情報クリエイトIPOの概要

日本情報クリエイトIPOは、不動産業界に特化したITソリューションとして、業者間物件流通サービス「不動産BB」や、不動産ホームページ制作ツール「WebManagerPro3」などを提供しています。

また、日本情報クリエイトIPOは賃貸物件総合管理システム「賃貸革命」や、入居者コミュニケーションサービス「くらさぽコネクト」なども提供しています。

さらに、日本情報クリエイトIPOはテレワーク・非対面業務へ対応したサービスとして、オンライン接客システム「非対面仲介サービス」なども提供しています。

日本情報クリエイトIPOはそれなりの規模(吸収金額18.7億円)ですが、不動産テックというテーマ性で関心を集めるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本情報クリエイトIPOのその他情報はこちら

日本情報クリエイトIPOの幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、IPO取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券や、100完全抽選の楽天証券など、合計8社で構成されています。

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券の委託幹事りも期待できそうです。←正式に決定しました!


IPOは前受金不要(事前入金不要)の岡三オンライン証券

日本情報クリエイトIPOの初値予想

日本情報クリエイトIPOの初値予想は、仮条件決定後(7月10日以降)に追記させていただきます。

2,000円 (想定価格比:+910円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,800円~2,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,000円~2,400円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社