コロナショックによって上場中止になっていたSpeee(4499)IPOの新規上場が改めて承認されました。

Speee(スピー)IPOは、7月10日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場する予定です。

また、SpeeeのIPO主幹事は前回と同様に野村證券が務めることになっています。ただ、前回はマザーズへ新規上場する予定でしたが、今回はジャスダックへと上場市場が変更になっていますね。

Speee

Speee(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名Speee
コード4499(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
楽天証券
SMBC日興証券
大和証券
マネックス証券
藍澤證券
いちよし証券
上場日7月10日
仮条件決定日6月23日(2,520円~2,880円に決定)
ブックビルディング期間6月25日から6月30日まで
公開価格決定日7月1日(2,880円に決定)
申込期間7月2日から7月7日まで
公募855,600株
売出し120,000株
OA146,300株
吸収金額25.5億円
時価総額221.5億円
想定価格2,270円→公開価格:2,880円
初値価格5,150円

SMBC日興証券 オンライントレード
SpeeeのIPO幹事のSMBC日興証券

SpeeeのIPO概要

Speee(4499)IPOは、データ資産を利活用したマーケティング活動を支援するMarTech(マーケティング(Marketing)+技術(Technology))事業を展開している企業です。

また、Speeeは消費者と事業者を繋ぐプラットフォームサービスを提供し、リアル産業のデジタルシフトを促進するX-Tech(クロステック=既存産業に新たな価値や仕組みを提供すること)事業なども手掛けています。

Speeeは、前回よりも公募株及び売出株が大幅に減少(3,222,300株→1,121,900株)しており、想定価格も2,590円から2,270円に引き下げられているため、吸収金額も83.5億円から25.5億円へと縮小されています。

また、上場市場もマザーズからジャスダックスタンダードへと変更になっています。

規模が小さくなったのは好材料ですが、上場市場がジャスダックに変更されたのは、ややマイナスといった感じですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Speee(4499)IPOのその他情報はこちら

SpeeeのIPO幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券など、IPOでお馴染みの証券会社が顔を揃えています。


IPOは100%完全抽選のマネックス証券

SpeeeのIPO初値予想

SpeeeのIPO初値予想は、仮条件決定後(6月23日以降)に追記させていただきます。

4,320円 (想定価格比:+2,050円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,500円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,500円~4,200円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社

Check

岡三オンライン証券のIPOは前受金不要!

岡三オンライン証券はIPOの取扱銘柄が急増中!前受金不要(事前入金不要)で申し込めるのでオススメです!


岡三オンライン証券の解説とIPOルール
岡三オンライン証券インタビュー記事

スポンサーリンク


関連コンテンツ

コメントをどうぞ

CAPTCHA