プレイド(4165)IPOの新規上場が承認されました。プレイドIPOは、12月17日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、プレイドIPOの主幹事はみずほ証券とBofA証券が共同で務めることになっています。

本日も昨日に引き続いて4銘柄のIPOが新規承認されています。しかも、全て上場日が12月17日なので5社同時上場になってしまいます。毎度のことですが、もう少し日程をずらしてほしいですね。

プレイド

プレイド(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名プレイド
コード4165(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
BofA証券
幹事証券(委託含む)野村證券
SBI証券
マネックス証券
楽天証券
クレディ・スイス証券
岩井コスモ証券
岡三証券
大和証券
東海東京証券
極東証券
丸三証券
岡三オンライン証券
上場日12月17日
仮条件決定日1,400円~1,600円に決定
ブックビルディング期間12月1日から12月4日まで
公開価格決定日12月7日
申込期間12月8日から12月11日まで
公募1,522,000株
(国内:608,800株
海外:913,200株)
売出し12,817,000株
(国内:4,697,200株→3,191,700株
海外:8,119,800株→9,625,300株)
OA716,000株
吸収金額210.8億円
(国内:84.3億円→63.2億円
海外:126.5億円→147.5億円)
時価総額517億円
想定価格1,400円
初値価格初値決定後に追記


プレイドIPO幹事のマネックス証券

プレイドIPOの概要

プレイドIPOは、クラウド型CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」の開発・運営を行っています。

KARTE」は、ウェブサイトへ来訪したユーザーの行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のユーザーに合わせたサイト内外での自由なコミュニケーションをワンストップで実現しています。

また、プレイドIPOはCX特化型メディア「XD(クロスディー)」とEC特化型メディア「Shopping Tribe」の企画・運営も行っています。

プレイドIPOは、規模(吸収金額210.8億円)が大きくて売出株も多いだけでなく、5社同時上場にもなるので、需給面に不安があります。

また、事業内容はIPO向きでクラウドというテーマ性もありますが、業績が連続赤字という点も気になりますね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

プレイドIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券をはじめ、SBI証券マネックス証券など、合計13社という大所帯になっています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

プレイドIPOの初値予想

プレイドIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月30日以降)に追記させていただきます。

1,800円 (想定価格比:+400円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,500円~1,700円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,600円~1,900円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社