パワーソリューションズ(4450)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の9月12日から始まります。パワーソリューションズは、小型なマザーズIPOなので、かなりの人気を集めると思います。

また、パワーソリューションズは10月のIPO第一弾ということでも注目されそうですね。

パワーソリューションズ

パワーソリューションズ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名パワーソリューションズ
コード4450
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
松井証券
極東証券
エース証券
上場日10月1日
仮条件決定日9月10日(1,870円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間9月12日から9月19日まで
公開価格決定日9月20日(2,000円に決定)
申込期間9月24日から9月27日まで
公募285,700株
売出し0株
OA42,800株
吸収金額6.1億円
時価総額24.8億円
想定価格1,870円→公開価格:2,000円
初値価格初値決定後に追記

パワーソリューションズIPOの事業内容

パワーソリューションズは、複数のシステムインテグレーター等の企業が提供する「多様な汎用サービスの統合」と「オーダーメイドの開発」を行い、「ラストワンマイルの業務プロセスを最適化」するビジネステクノロジーソリューション事業を展開しています。

システムインテグレーションとしては、レポーティング関連システムの開発、コンプライアンス関連システムの開発、発注関連システムの開発など、金融機関に向けた業務コンサルティングやシステムの受託開発及び運用保守を行っています。

アウトソーシングでは、システムインテグレーションの補完的な位置付けとして、金融機関の付随業務の受託やチーム単位での人材派遣を行うことにより、顧客企業の業務プロセスの一部を代行するサービスを提供しています。

RPA関連サービスでは、一般事業会社向けにRPAソフトウェアである「UiPath RPA Platform」のライセンス販売及び導入サポートを行っています。

パワーソリューションズIPOの事業系統図

パワーソリューションズの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

パワーソリューションズIPOの業績

パワーソリューションズの業績

(※画像クリックで拡大)

パワーソリューションズIPOの業績は、概ね堅調に推移していて、特に問題なさそうですね。

パワーソリューションズのIPO評価

パワーソリューションズは、マザーズ市場への単独上場で、規模(吸収金額6.1億円)が小さく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も少ないので、需給面は極めて良好だと思います。

また、システムインテグレーション事業もIPOで人気になりやすく、業績が好調に推移していることもプラス要素です。

よって、パワーソリューションズのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。パワーソリューションズIPOは、公開価格の2倍を上回る高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

パワーソリューションズIPOのその他情報はこちら

パワーソリューションズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

パワーソリューションズIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。

主幹事の大和証券はもとより、100%完全抽選のマネックス証券や約70%完全抽選の松井証券など、幅広く申し込んで少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

パワーソリューションズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
松井証券 BB参加
極東証券 口座なし
エース証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング