Chatwork(4448)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。Chatworkは、着実に利用者を増加させているビジネスチャットツール「Chatwork」を提供していることで関心を集めているようです。

ただ、Chatworkは規模が大きく、仮条件も下振れしたため、やや警戒感が増しているのが気になりますね。

Chatwork

Chatwork(4448)IPOの過去記事

ChatworkのIPO初値予想!仮条件は弱め!

ChatworkのBBスタンスとIPO評価!ビジネスチャットIPO!

ChatworkのIPO新規上場を承認!大和証券が主幹事!

ChatworkのIPO配分数(割当数)

ChatworkのIPO配分数(割当数)は、主幹事の大和証券86%を占めています。大和証券はチャンス当選の可能性もあるので、かなり期待度が高いですね。

また、100%完全抽選のマネックス証券をはじめ、みずほ証券松井証券などの平幹事でも十分に当選が狙えそうです。

ChatworkのIPO配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
大和証券 (主幹事) 7,310,000株 86% 10,965枚 A
みずほ証券 595,000株 7% 595枚 B
SMBC日興証券 340,000株 4% 340枚 C
SBI証券 85,000株 1% 383枚 C
マネックス証券 85,000株 1% 850枚 B
楽天証券 42,500株 0.5% 425枚 B
松井証券 42,500株 0.5% 425枚 B
合計 8,500,000株 100% 13,983枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Chatwork(4448)IPOのBB(ブックビルディング)は、昨日(9月5日)から始まっています。これから申し込まれる方は、上記の配分数(割当数)などを参考にしながら、忘れずに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング