PRISM BioLab(206A)IPOの新規上場が承認されました。PRISM BioLab(プリズム バイオラボ)IPOは7月2日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、PRISM BioLabのIPO主幹事はSMBC日興証券が務めることになっています。

7月のIPOは早くも新規承認されました。7月はいくつくらいのIPOが新規上場するか楽しみですね。

PRISM BioLabのIPO新規上場を承認

PRISM BioLab(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名PRISM BioLab
コード206A(医薬品)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SBI証券
岩井コスモ証券
松井証券
丸三証券
上場日7月2日
仮条件決定日6月14日(435円~450円に決定)
ブックビルディング期間6月17日から6月21日まで
公開価格決定日6月24日
申込期間6月25日から6月28日まで
公募4,000,000株
売出し0株
OA600,000株
吸収金額20億円
時価総額153.8億円
想定価格435円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
PRISM BioLab(206A)IPO主幹事のSMBC日興証券

PRISM BioLab(206A)IPOの概要

PRISM BioLab(206A)IPOは独自の創薬プラットフォームであるPepMetics技術をもつバイオベンチャーです。

PRISM BioLabは、 PepMetics技術によって「創薬不可能」だった標的を「創薬可能」にし、治療法のなかった病気を治療することを目指しています。

PRISM BioLabはそれなりの規模(吸収金額20億円)ですが、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダを除く)への販売も予定されています。

PRISM BioLabはIPOで警戒されがちな赤字のバイオベンチャーなので、慎重に判断する必要がありそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

PRISM BioLab(206A)IPOの幹事団は主幹事のSMBC日興証券をはじめ、岩井コスモ証券松井証券などの7社で構成されています。


PRISM BioLab(206A)IPO幹事の松井証券

PRISM BioLab(206A)IPOの初値予想

PRISM BioLab(206A)IPOの初値予想は、仮条件決定後(6月14日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社