property technologies(5227)IPOの新規上場が承認されました。

property technologies(プロパティ・テクノロジーズ)IPOは12月13日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、property technologiesのIPO主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

12月のIPOはproperty technologiesで2銘柄となりました。12月のIPOラッシュに向けて、明日以降も次々とIPOが新規承認されそうですね。

property technologies

property technologies(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名property technologies
コード5527(不動産業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
ひろぎん証券
SBIネオトレード証券
上場日12月13日
仮条件決定日11月22日(2,890円~2,950円に決定)
ブックビルディング期間11月25日から12月1日
公開価格決定日12月2日
申込期間12月5日から12月8日まで
公募360,000株
売出し385,000株
OA111,700株
吸収金額25億円
時価総額119億円
想定価格2,920円
初値価格初値決定後に追記

マネックス証券
property technologiesのIPO幹事のマネックス証券

property technologiesのIPO概要

property technologies(5227)IPOは、AI査定搭載プラットフォーム「KAITRY(カイトリー)」を通じた中古住宅の買取や、リノベーション済中古住宅・戸建住宅の販売を行っています。

「KAITRY」では、独自のAI査定システムを使用することで、不動産売買に関わる多くのステークホルダーの様々なニーズに応え、不動産の売り手・買い手、不動産のプロである不動産仲介会社・一般顧客の情報をプラットフォームに集積し、その売買を拡大していくことで中古住宅再生市場を活性化させています。

property technologiesはそれなりの規模(吸収金額25億円)ですが、AIというテーマ性で関心を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

property technologiesのIPO幹事団は主幹事のみずほ証券をはじめ、マネックス証券松井証券などの6社で構成されています。


松井証券のIPOは前受金不要(事前入金不要)

property technologiesのIPO初値予想

property technologiesのIPO初値予想は、仮条件決定後(11月22日以降)に追記させていただきます。

3,100円 (想定価格比:+150円)

(※大手予想会社の初値予想:3,200円~3,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社