QDレーザ(6613)IPOの仮条件が発表されています。QDレーザは今年のIPO第一弾なので、次第に期待感が高まっているようです。

QDレーザは今年最初のIPOとして、少しでも良い初値で今年のIPOの幕開けを飾って欲しいですね。

QDレーザ

QDレーザIPOの関連記事

QDレーザIPOの新規上場を承認!日興とSBIが共同主幹事

QDレーザIPOのBBスタンスとIPO評価!2021年のIPO第一弾

QDレーザIPOの仮条件

300円~340円

QDレーザIPOの仮条件は、想定価格の275円を上回るレンジで設定されています。QDレーザは、今年のIPO第一弾として注目されているので、仮条件の上振れも納得です。

ちなみに、QDレーザIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は42.9億円から53億円にアップします。

SMBC日興証券 オンライントレード
QDレーザIPO主幹事のSMBC日興証券

QDレーザIPOの初値予想

510円 (想定価格比:+235円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:400円~500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:450円~550円)

QDレーザIPOは規模(吸収金額53億円)が大きくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約1,400万株)も非常に多く、業績も赤字なので、通常ならややリスクの高いIPOです。

しかし、QDレーザIPOは今年のIPO第一弾なので注目度が高く、価格も手ごろでなので、通常よりやや甘めに見ても大丈夫そうです。

また、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約1,400万株)の多さも気になるところですが、公開価格の1.5倍でロックアップが解除されるのは約300万株程度のようです。

さらに、レーザ網膜投影技術を使ったメガネ型ディスプレイ(網膜走査型レーザアイウェア)への期待度も高いため、事業面でも一定の評価を得られると思います。

よって、QDレーザIPOはVC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

QDレーザIPOの幹事団

QDレーザIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
幹事証券 岩井コスモ証券
水戸証券
極東証券

ネットから申し込める証券会社は、主幹事のSMBC日興証券と共同主幹事のSBI証券、そして平幹事の岩井コスモ証券の3社なので、それら全てに申し込み、今年最初のIPOで今年の初当選をゲットしたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社