Repertoire Genesis(9217)IPOの仮条件が決まっています。Repertoire Genesisは今期黒字見込みも今のところ赤字のバイオIPOなので、やはり警戒感が増しているようです。

ただ、Repertoire Genesisはマザーズへの単独上場で、その後のIPOとも間隔が空いているのは救いですね。

※上場中止になりました!

Repertoire Genesis

Repertoire Genesis(9217)IPOの関連記事

Repertoire GenesisのIPO新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

Repertoire GenesisのIPO評価とBBスタンス!バイオIPO

Repertoire GenesisのIPO仮条件

750円~1,050円

Repertoire GenesisのIPO仮条件は、想定価格の1,640円を大幅に下回るレンジで設定されています。Repertoire Genesisは当初から需給面が不安視されていましたが、それにしても仮条件がここまで下振れするとは思いませんでした。

また、Repertoire Genesisは仮条件の発表に合わせて売出株(732,000株→528,000株)とOA株(249,300株→218,700株)も削減しています。

よって、Repertoire GenesisのIPO公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は31.3億円から17.6億円にダウンします。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

Repertoire GenesisのIPO初値予想

900円 (想定価格比:-740円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,740円~1,940円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,050円~1,200円)

Repertoire Genesisは仮条件が大幅に下振れしただけでなく、売出株とOA株も削減しているため、需給面にかなり不安があります。

また、免疫多様性解析を基盤とした新規診断法や治療法の開発支援は価値のある事業だと思いますが、それでも今の地合いでバイオ関連IPOは厳しそうです。

よって、Repertoire Genesis(9217)IPOの初値は公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Repertoire GenesisのIPO幹事団

Repertoire GenesisのIPO幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
あかつき証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
丸三証券
楽天証券
マネックス証券

Repertoire GenesisのIPO幹事団は主幹事のみずほ証券を中心に、IPO幹事常連のSMBC日興証券SBI証券などが顔を揃えています。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社