新日本製薬(4931)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の6月11日から始まります。新日本製薬は、有名な化粧品「パーフェクトワン」を取り扱っていることで注目されている企業です。

ただ、新日本製薬はIPOラッシュ終盤での新規上場というだけでなく、話題性のあるあさくまとの同時上場なので、買い疲れや資金分散の影響を受けるかもしれませんね。

新日本製薬

新日本製薬(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名新日本製薬
コード4931
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
マネックス証券
西日本シティTT証券
東海東京証券
いちよし証券
上場日6月27日
仮条件決定日6月7日(1,350円~1,470円に決定)
ブックビルディング期間6月11日から6月17日まで
公開価格決定日6月18日(1,470円に決定)
申込期間6月19日から6月24日まで
公募300,000株
売出し4,570,000株
OA730,000株
吸収金額82.3億円
時価総額307億円
想定価格1,470円→公開価格:1,470円
初値価格1,644円

新日本製薬IPOの事業内容

新日本製薬は、「世界中の人々の健やかで心豊かな暮らしを創造する」というビジョンのもと、化粧品、健康食品、医薬品の商品開発および販売を行っています。

化粧品では、「PERFECT ONE(パーフェクトワン)」というブランド名において、オールインワン美容液ジェル、化粧水、クレンジング・洗顔等をシンプルスキンケア商品として展開しています。

健康食品では、手酵素・乳酸菌配合の青汁「朝イチスッキリ!青汁サラダプラス」、ひざ関節サポート「ロコアタックEX」、毎日美味しくキレイをサポートするウーロン茶風味の健康茶「極選 黒康茶」などを販売しています。

医薬品では、生薬ヨクイニンがイボ・肌あれに効く「ヨクイニンエキス錠SH」、筋肉の急激なけいれんを伴う痛みに効く「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)エキス[細粒]SH」、女性特有の更年期症状をやわらげる「ルキナミンEクリア」などを販売しています。

新日本製薬は、主に自社が運営している「新日本製薬オンラインショップ」において各商品を販売しています。また、百貨店やショッピングセンターへ出店している直営店舗での対面販売なども行っています。

新日本製薬IPOの事業系統図

新日本製薬の事業系統図

(※画像クリックで拡大)

新日本製薬IPOの業績

新日本製薬の業績

(※画像クリックで拡大)

新日本製薬IPOの業績は概ね堅調に推移していて、特に問題なさそうですね。

新日本製薬のIPO評価

新日本製薬は、化粧品の「PERFECT ONE(パーフェクトワン)」をはじめ、健康食品や医薬品でも人気商品を数多く販売しているので、知名度は高いと思います。

しかし、新日本製薬はマザーズにしては大型(吸収金額82.3億円)で、公募株(30万株)に対して売出株(457万株)が非常に多い点も気になります。

よって、新日本製薬のIPO評価は、Cが妥当だと考えています。新日本製薬IPOは、公開価格を多少上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

新日本製薬IPOのその他情報はこちら

新日本製薬IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

新日本製薬IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。主幹事のみずほ証券を中心に、IPO幹事常連のSMBC日興証券や100%完全抽選のマネックス証券などに申し込もうと考えています。

新日本製薬IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
大和証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
西日本シティTT証券 口座なし
東海東京証券 BB参加
いちよし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング