ブランディングテクノロジー(7067)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が発表されました。ブランディングテクノロジーは、極めて規模が小さいため、人気化必至のIPOです。

また、ブランディングテクノロジーはこれから新規上場するIPOの中でも前評判が高いので、もし当選できたら万々歳ですね。

ブランディングテクノロジー

ブランディングテクノロジーIPOの過去記事

ブランディングテクノロジーIPOの初値予想!仮条件は上振れ!

ブランディングテクノロジーIPOのBBスタンスとIPO評価!マザーズの小型IPO!

ブランディングテクノロジーIPOの新規上場を承認!SBI証券が主幹事!

ブランディングテクノロジーIPOの配分数(割当数)

ブランディングテクノロジーIPOの配分数(割当数)は、主幹事のSBI証券約85%を占めています。ブランディングテクノロジーIPOは当選枚数が極少なので、ここでで当選できないと厳しいですね。

ブランディングテクノロジーIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
SBI証券 (主幹事) 132,500株 84.83% 596枚 A
大和証券 7,800株 4.99% 12枚 C
楽天証券 2,300株 1.47% 23枚 B
岩井コスモ証券 1,600株 1% 2枚
藍澤證券 1,600株 1% -枚
極東証券 1,600株 1% -枚
東洋証券 1,600株 1% 2枚
むさし証券 1,600株 1% 2枚
エース証券 1,600株 1% -枚
丸三証券 1,600株 1% 2枚
香川証券 1,600株 1% -枚
おきぎん証券 800株 0.51% -枚
合計 156,200株 100% 639枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ブランディングテクノロジーIPOのその他情報はこちら

ブランディングテクノロジーIPOのポイント当選ラインと当選配分数の予測

ブランディングテクノロジーIPOの抽選配分数は、あくまで個人的な予測ですが、596枚位だと思います。

ブランディングテクノロジーは、下記の実績データを見ても分かる通り、SBI証券が主幹事を務めたIPOの中でも特に抽選配分数が少ないので、当選配分数は100枚配分が濃厚だと思います。

また、ブランディングテクノロジーIPOのポイント当選ラインは、300ポイント程度と予測しています。ただし、ボーダーラインはどんどんインフレ化しているので、もはや予想するのは難しくなっていますね。

ブランディングテクノロジーIPOは100株配分が濃厚なので、ポイントに見合う利益が得られるか微妙です。

いずれにしても、IPOチャレンジポイントは自分の納得のいく銘柄で使うのがベストだと思うので、下記データを参考にしながら検討してみて下さい。

IPOチャレンジポイントの実績データ

IPOチャレンジポイントの実績データ

(※画像クリックで拡大)

※上記データは、独自で調べた予測値なので、あくまで参考程度にお考え下さい。

ブランディングテクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)は本日(6月4日)から始まるので、上記のデータなどを参考にしながら、忘れずにBB(ブックビルディング)してください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング