インフォネット(4444)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週末の6月7日から始まります。

インフォネットは、マザーズの小型なネット関連IPOなので、かなりの人気を集めると思います。

また、インフォネットの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの当選ラインや当選配分数について、にほんブログ村などでも大いに盛り上がりそうですね。

インフォネット

インフォネット(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名インフォネット
コード4444
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
藍澤證券
極東証券
岩井コスモ証券
東洋証券
むさし証券
エイチ・エス証券
岡三証券
丸三証券
東海東京証券
エース証券
岡三オンライン証券
楽天証券
上場日6月25日
仮条件決定日6月5日(1,350円~1,490円に決定)
ブックビルディング期間6月7日から6月13日まで
公開価格決定日6月14日(1,490円に決定)
申込期間6月18日から6月21日まで
公募300,000株
売出し200,000株
OA75,000株
吸収金額7.8億円
時価総額26億円
想定価格1,350円→公開価格:1,490円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]

インフォネットIPOの事業内容

インフォネットは、企業や団体がWEBサイトを更新・管理・運用していくためのCMS(コンテンツマネジメントシステム)サイト構築を中心に事業を展開しています。

infoCMS」は、商用CMSとしてあらゆる企業・団体において理想的なWEBサイトの構築が可能で、WEB担当者の業務負担軽減と効果的なWEBマーケティングを実現する高機能・オールインワン商用コンテンツ管理システムです。

infoCRM」は、顧客管理だけでなく、営業、カスタマーサポート、マーケティング、WEB事業の支援・サポートまで行えるクラウド型統合顧客管理システムです。

Q&Ai」は、AI(人工知能)を利用した文章解析とディープラーニングを使って、WEBサイト訪問者が求める情報を的確かつ柔軟に提供し、サイト訪問者の満足度向上をサポートする人工知能搭載型チャットボットシステムです。

インフォネットの事業内容

(※画像クリックで拡大)

また、インフォネットは大容量ファイル送信システム「infoファイル便」、成果を生む検索エンジン対策「成果報酬型SEO」、宿泊予約管理システム「宿ソリューション」、出版支援システム「infoPUBLISHING」などのサービスも提供しています。

インフォネットIPOの業績

インフォネットの業績

(※画像クリックで拡大)

インフォネットIPOの売上は概ね堅調に推移していて、利益も右肩上がりで伸びているので、今後も期待できそうです。

インフォネットのIPO評価

インフォネットは、小型(吸収金額7.8億円)、マザーズ、ネット関連の三拍子が揃っているので、間違いなく人気化すると思います。

また、インフォネットはクラウドAI(人工知能)というIPO向きのテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、インフォネットのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。インフォネットIPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

インフォネットIPOのその他情報はこちら

インフォネットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

インフォネットIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込みます。インフォネットIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの利用も検討中です。

インフォネットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
極東証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
むさし証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
岡三証券 BB参加
丸三証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加
楽天証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング