Speee(4499)IPOの仮条件が決まっています。Speeeは、MarTech事業やX-Tech事業を展開していることで関心を集めているようです。

また、Speeeは新型コロナウイルスの影響によるスライド上場組ですが、規模を大幅に縮小しているため、需給面は改善されていますね。

Speee

Speee(4499)IPOの関連記事

Speeeの改めてのIPO新規上場を承認!主幹事は野村證券

SpeeeのBBスタンスとIPO評価!規模縮小して仕切り直し上場

SpeeeのIPO仮条件

2,520円~2,880円

SpeeeのIPO仮条件は、想定価格の2,270円を大きく上回るレンジで設定されています。Speeeは、前評判がそこまで高くはなかったので、この超強気な仮条件には少し驚きました。

このところ、野村證券が主幹事を務めるIPOの仮条件の上振れが目立ちますね。

ちなみに、SpeeeのIPO公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は25.5億円から32.3億円にアップするので、せっかく前回より規模を縮小したのに、やや重くなってしまいますね。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

SpeeeのIPO初値予想

4,320円 (想定価格比:+2,050円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,500円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:3,500円~4,200円)

Speeeは、前回よりも規模(吸収金額83.5億円⇒32.3億円)を縮小していますが、それでもやや気になるサイズではあります。

ただ、SpeeeはMarTechX-TechというIPO受けしそうなテーマ性があり、何よりも地合いが良いため、公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Speee(4499)IPOのその他初値予想はこちら

SpeeeのIPO幹事団

SpeeeのIPO幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SBI証券
みずほ証券
楽天証券
SMBC日興証券
大和証券
マネックス証券
藍澤證券
いちよし証券

SpeeeのIPO幹事団は、主幹事の野村證券をはじめ、SBI証券SMBC日興証券など、IPOでお馴染みの証券会社が顔を揃えていますね。

また、IPOに力を入れつつある100%完全抽選の楽天証券も要チェックです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社