Speee(4499)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の6月25日から始まります。Speeeは、もともと4月20日にIPO新規上場する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で上場を中止していたため、規模を縮小して仕切り直しての上場になります。

Speeeは、上場市場もマザーズからジャスダックへ変更していますが、単独上場で前後のIPOとも間隔が空いているため、スケジュール的には悪くないですね。

Speee

Speee(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名Speee
コード4499(情報・通信業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
楽天証券
SMBC日興証券
大和証券
マネックス証券
藍澤證券
いちよし証券
上場日7月10日
仮条件決定日6月23日(2,520円~2,880円に決定)
ブックビルディング期間6月25日から6月30日まで
公開価格決定日7月1日(2,880円に決定)
申込期間7月2日から7月7日まで
公募855,600株
売出し120,000株
OA146,300株
吸収金額25.5億円
時価総額221.5億円
想定価格2,270円→公開価格:2,880円
初値価格5,150円

SMBC日興証券 オンライントレード

Speee(4499)IPOの事業内容

SpeeeはMarTech事業として、「Webアナリティクス(検索エンジン対策コンサル)」「トレーディングデスク(広告運用サポート)」「PAAM(予測分析マーケティング)」「UZOU(ネイティブアド配信プラットフォーム)」を提供しています。

ちなみに、MarTechとはMarketing(マーケティング)とTechnology(技術)を掛け合わせた造語で、企業がマーケティング活動にITを取り入れることにより、より効果的なビジネスを展開することを指します。

SpeeeのMarTech事業

また、SpeeeはX-Tech事業として、中古不動産売却におけるマッチングサービス「イエウール」と、外壁塗装業者紹介サービス「ヌリカエ」を運営しています。

ちなみに、X-Tech(クロステック)とは既存の業界のビジネスと先進的なテクノロジーを結びつけて生まれた新たな製品やサービスのことを指します。

SpeeeのX-Tech事業

さらに、SpeeeはData Platform事業として、世界中のデータをブロックチェーン技術によって安全に共有するプラットフォーム「Datachain」の運営も行っています。

SpeeeIPOの事業系統図

Speeeの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 既存事業の規模拡大のための開発人員、営業人員及び管理体制強化のための管理人員の採用費及び人件費
  2. 当社グループの提供するイエウール及びヌリカエについて、認知度向上及び顧客基盤拡大のための広告宣伝費

SpeeeIPOの業績

Speeeの業績

(※画像クリックで拡大)

SpeeeIPOの売上は堅調に推移しており、利益もややバラついていますが伸びているので、概ね好調と言えそうです。

SpeeeのIPO評価

Speeeは、前回よりも公募株及び売出株を大幅に減らし(3,222,300株→1,121,900株)、想定価格も2,590円から2,270円に引き下げたため、吸収金額が83.5億円から25.5億円へと縮小された点はプラス要素です。

ただ、上場市場がマザーズからジャスダックスタンダードへと変更になったのは、やや微妙な印象を受けます。

また、事業内容に特段の目新しさは感じませんが、IPOで受けそうなMarTechX-Techというキーワードで関心を集めるかもしれません。

よって、SpeeeのIPO評価は、C→Bが妥当だと考えています。Speee(4499)IPOは地合いが良ければ、公開価格をやや上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Speee(4499)IPOのその他情報はこちら

SpeeeIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

SpeeeIPOのBB(ブックビルディング)は、地合いが良ければ前向きに参加するつもりです。主幹事の野村證券をはじめ、平幹事のSMBC日興証券マネックス証券などにも申し込もうと考えています。

SpeeeIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
楽天証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
大和証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
いちよし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング