スマサポ(9342)IPOの新規上場が承認されました。スマサポIPOは12月29日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、スマサポIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

12月30日は大納会なので、スマサポが今年最後のIPOになるかもしれませんね。

スマサポ

スマサポ(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名みずほ証券
コード9342(サービス業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SBI証券
松井証券
マネックス証券
岡三証券
楽天証券
岡三オンライン
上場日12月29日
仮条件決定日12月9日
ブックビルディング期間12月13日から12月19日
公開価格決定日12月20日
申込期間12月21日から12月26日まで
公募150,000株
売出し140,000株
OA43,500株
吸収金額2.5億円
時価総額17.9億円
想定価格760円
初値価格初値決定後に追記

マネックス証券
スマサポIPO幹事のマネックス証券

スマサポIPOの概要

スマサポIPOは、不動産管理会社と入居者をつなぐ入居者専用スマホアプリ「totono」を提供しています。

また、スマサポIPOは賃貸物件の内覧をもっと簡単にするスマートIoTツール「スマサポ内覧サービス「SKB」」も提供しています。

さらに、スマサポIPOは引っ越し時のライフサポートサービスやアンケート調査で顧客満足度の向上を図る入居者満足度サービス「スマサポサンキューコール」も提供しています。

スマサポIPOは今のところ単独上場で規模(吸収金額2.5億円)も小さいため、需給面で関心を集めそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スマサポIPOの幹事団は主幹事のみずほ証券をはじめ、マネックス証券松井証券などの7社で構成されています。


松井証券のIPOは前受金不要(事前入金不要)

また、岡三証券が幹事団に名を連ねているので、岡三オンラインも委託幹事入りする可能性がありそうです。←正式に決定しました!

スマサポIPOの初値予想

スマサポIPOの初値予想は、仮条件決定後(12月9日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社