テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)IPOの新規上場が承認されました。テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOは、12月18日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ちなみに、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOの主幹事は珍しくいちよし証券が務めることになっています。

また、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOは既に新規承認されている田中建設工業IPOとの同時上場になります。12月のIPOは、予想通りかなりタイトなスケジュールになってきましたね。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
コード7046
主幹事証券いちよし証券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SBI証券
極東証券
マネックス証券
エース証券
むさし証券
ライブスター証券
上場日12月18日
仮条件決定日11月29日(2,900円~3,200円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月7日まで
公開価格決定日12月10日(3,200円に決定)
申込期間12月11日から12月14日まで
公募190,000株
売出し346,000株
OA80,000株
吸収金額17.9億円
時価総額63.8億円
想定価格2,900円→公開価格:3,200円
初値価格初値決定後に追記


テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPO幹事のSBI証券

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOの概要

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOは、「新しい価値を創造し、変化をもたらす次世代のチャレンジャー」を経営ビジョンとして掲げながら、ビッグデータ・AIソリューション事業を展開しています。

また、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOはAIモジュールを含むAI製品も提供しています。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOは、それなりの規模(吸収金額17.9億円)ですが、ビッグデータAI(人工知能)というIPO向きのテーマ性で関心を集めそうです。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOでオススメの幹事証券

主幹事のいちよし証券はもちろんのこと、IPO取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券と100%完全抽選のマネックス証券も申し込み必須です。


マネックス証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOのその他情報はこちら

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOの初値予想

テクノスデータサイエンス・エンジニアリングIPOの初値予想は、仮条件決定後(11月29日以降)に追記させていただきます。

7,360円 (想定価格比:+4,460円)

(※大手予想会社の初値予想:6,000円~9,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社