ティムス(4891)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の11月7日からスタートします。

ティムスは東京農工大学発酵学研究室の研究を実用化することを目的に設立されたバイオベンチャーです。

ティムスは単独上場というだけでなく、前後のIPOとも程よく間隔が空いているので、スケジュールには恵まれていますね。

ティムス

ティムス(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名ティムス
コード4891(医薬品)
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)野村證券
みずほ証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
SBI証券
香川証券
楽天証券
CONNECT
auカブコム証券
岡三オンライン
上場日11月22日
仮条件決定日11月4日(640円~670円に決定)
ブックビルディング期間11月7日から11月11日
公開価格決定日11月14日(670円に決定)
申込期間11月15日から11月18日まで
公募3,432,800株
(国内:1,499,100株→1,302,200株
海外:1,933,700株→2,130,600株)
売出し298,500株
(国内:86,800株
海外:211,700株)
OA559,600株
吸収金額28.8億円
(国内:14.4億円→13.1億円
海外:14.4億円→15.7億円)
時価総額244.8億円
想定価格670円→公開価格:670円
初値価格919円

SMBC日興証券 オンライントレード

ティムスIPOの事業内容

ティムスは医薬品開発における研究段階から早期臨床段階までを行い、後期臨床段階からは国内外の製薬会社と提携して開発製造販売権を付与し、提携先製薬会社から開発一時金(マイルストー ン)及びロイヤリティ収入等を得ています。

ティモスの事業モデル

ティムスのパイプライン(新薬候補)の根幹をなすSMTPとは、60種類以上の同族体(類似構造の化合物)からなる化合物群です。

ティムスが研究開発しているTMS-007、TMS-008及、TMS009は、SMTPと名付けられた化合物のファミリーに属しています。

ティムスの主な開発パイプラインの進捗

ティムスの主な開発パイプラインの進捗

ティムスはSMTP化合物群に属するTMS-007を急性期脳梗塞の治療薬として開発中です。

また、ティムスはTMS-008の強力な抗炎症作用を活かし、急性腎障害、がん悪液質を対象として、優先的に研究開発を進めています。

さらに、ティムスはTMS-008のバックアップとして位置付けでTMS-009も研究開発しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 現在開発を進めておりますTMS-008及びそのバックアップと位置付けるTMS-009の研究開発費用(共同研究 費、非臨床試験費用、臨床試験費用等)
  2. 今後新たな開発パイプラインを獲得するための創薬研究(共同研究費、非臨床試験費用等)並びにアカデミア等外部の研究機関の研究成果の導入を推進するために必要な資金として充当。

ティムスIPOの業績

ティムスの業績

(※画像クリックで拡大)

ティムスIPOの業績は、バイオベンチャーだけあって赤字ですね。

ティムスのIPO評価

ティムスはそれなりの規模(吸収金額28.8億円)ですが、半数が海外に売り出される予定なので、国内の吸収金額は14.4億円に止まります。

また、ティムスの創薬事業には社会的意義を感じますが、赤字のバイオベンチャーとして警戒されそうです。

よって、ティムスのIPO評価はCが妥当だと考えています。ティムスIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ティムスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ティムスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただし、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

ティムスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB検討中
野村證券 BB検討中
みずほ証券 BB検討中
大和証券 BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB検討中
岡三証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
香川証券 口座なし
楽天証券 BB検討中
CONNECT BB検討中
auカブコム証券 BB検討中
岡三オンライン BB検討中


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社