POPER(5134)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の10月28日から始まります。

POPERは学習塾などの教育事業者向けのSaaS型業務管理プラットフォーム「Comiru」を開発・提供しています。

POPERは大型なベースフードとの同時上場になりますが、小型なので資金分散の影響も小さそうですね。

POPER

POPER(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名POPER
コード5134(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
岩井コスモ証券
松井証券
東洋証券
CONNECT
上場日11月15日
仮条件決定日10月26日(630円~700円に決定)
ブックビルディング期間10月28日から11月4日
公開価格決定日11月7日(700円に決定)
申込期間11月8日から11月11日まで
公募200,000株
売出し326,400株
OA78,900株
吸収金額3.8億円
時価総額23.8億円
想定価格630円→公開価格:700円
初値価格1,110円

POPERのIPO事業内容

POPERは教育事業者等(学習塾や予備校など)のバックオフィス業務の効率化及び保護者とのコミュニケーションを強化するSaaS型業務管理プラットフォーム「Comiru」を提供しています。

教育事業者等は「Comiru」を活用することにより、バックオフィス業務に費やした作業時間や関連コストの削減が期待できます。

また、教育事業者等は「Comiru」を通じて保護者向けに生徒の勉強の様子や進捗、今後の学習計画、教育事業者等からのお知らせ等を従来の手紙配布よりもタイムリーに配信することが可能となり、保護者満足度の向上に繋がることが期待できます。

Comiru

POPERは「Comiru」と連動する形で、リモート教育をより効果的に実現しやすいオンライン授業・自宅学習支援サービス「ComiruAir」も提供しています。

ComiruAir

さらに、POPERは 講師等のシフト調整、給与労務の集計、及びこれらに関連するコミュニケーションを効率的に行うSaaS型サービス「ComiruHR」も提供しています。

ComiruHR

POPER(5134)IPOの事業系統図

POPERの事業系統図

IPOによる手取金の使途

  1. サービス構築費用
  2. サービスプロモーション費用
  3. 借入金返済
  4. 人材の採用費及び人件費

POPER(5134)IPOの業績

POPERの業績

(※画像クリックで拡大)

POPER(5134)IPOの売上は急激に伸びていますが、利益はまだ赤字ですね。

POPERのIPO評価

POPERはベースフードとの同時上場になります。しかし、手の出しやすい価格で規模(吸収金額3.8億円)も小さいため、資金分散の影響は小さいと思います。

ただ、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株(約106万株)が多いのは懸念材料です。

また、POPERの業績は赤字ですが、SaaSというテーマ性のある事業を展開していることで関心を集めそうです。

よって、POPERのIPO評価はBが妥当だと考えています。POPER(5134)IPOはVC(ベンチャーキャピタル)のロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

POPER(5134)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

POPER(5134)IPOのBB(ブックビルディング)は、積極的に申し込むつもりです。

主幹事の大和証券はもちろんのこと、SBI証券松井証券などの平幹事ももれなく申し込む予定です。

POPER(5134)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
松井証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社