東京インフラ・エネルギー投資法人(9285)IPOの新規上場が承認されました。東京インフラ・エネルギー投資法人IPOは、9月27日に東証インフラファンド市場へ新規上場する予定です。

また、東京インフラ・エネルギー投資法人IPOの主幹事は野村證券が務めることになっています。

東京インフラ・エネルギー投資法人IPOは、昨年の10月に新規上場したカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人IPO以来のインフラIPOですね。

東京インフラ・エネルギー投資法人

東京インフラ・エネルギー投資法人(東証インフラファンドIPO)のIPO基本情報

銘柄名東京インフラ・エネルギー投資法人
コード9285
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
上場日9月27日
仮条件決定日9月7日(97,000円~100,000円に決定)
ブックビルディング期間9月10日から9月13日まで
公開価格決定日9月14日(97,000円に決定)
申込期間9月18日から9月21日まで
公募43,400口
売出し0口
OA2,170口
吸収金額45.6億円
時価総額44.7億円
想定価格100,000円→公開価格:97,000円
初値価格初値決定後に追記


東京インフラ・エネルギー投資法人IPO幹事のSMBC日興証券

東京インフラ・エネルギー投資法人IPOの概要

東京インフラ・エネルギー投資法人IPOは、中長期的な観点から再生可能エネルギー発電設備への投資を通じて、安定的なキャッシュフロー及び収益の維持ならびに着実な運用資産の規模拡大を目的としています。

また、東京インフラ・エネルギー投資法人IPOはメインスポンサーであるアドバンテックに蓄積されたノウハウを活用し、再生可能エネルギー発電設備関連資産に投資することにより、投資主への収益還元を目指しています。

東京インフラ・エネルギー投資法人IPOは、規模(吸収金額45.6億円)が大きいというほどではありません。ただ、IPOラッシュ中の新規上場というだけでなく、SBIインシュアランスグループIPO極東産機IPOとの3社同時上場になるので、他の銘柄の陰に隠れてしまいそうな気がしますね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

東京インフラ・エネルギー投資法人IPOのその他情報はこちら

オススメの幹事証券

東京インフラ・エネルギー投資法人IPOにネットから申し込めるのは、SMBC日興証券だけなので要チェックです。


SMBC日興証券のIPOルール

東京インフラ・エネルギー投資法人IPOの初値予想

東京インフラ・エネルギー投資法人IPOの初値予想は、仮条件決定後(9月7日以降)に追記させていただきます。

97,000円 (想定価格比:-3,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社