ダブルエー(7683)IPOの仮条件が決まっています。ダブルエーIPOは、値がさで規模も大きい点が不安視されているようです。

ダブルエーIPOは、11月第一弾のIPOなので、良いスタートを切ってほしいところですが、今の地合いだとやや厳しいかもしれませんね。

ダブルエー

ダブルエーIPOの関連記事

ダブルエーIPOのBBスタンスとIPO評価!婦人靴の小売IPO!

ダブルエーIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事!

ダブルエーIPOの仮条件

4,490円~4,690円

ダブルエーIPOの仮条件は、想定価格の4,690円を上限に下方へ拡げたレンジで設定されています。ダブルエーIPOは、以前から需給面で警戒されていたので、やや弱めの仮条件も想定の範囲内だと思います。

個人的には、値がさということもあって、もう少し下振れた仮条件になるのではと思っていました。

しかし、PERは仮条件の上限(4,690円)ベースで約16倍と標準的なこともあり、わりとノーマルな仮条件で収まったようです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

ダブルエーIPOの初値予想!

4,690円→5,000円 (公開価格比:+310円)

(※大手予想会社の初値予想:5,000円~6,000円)

ダブルエーIPOは、吸収金額が想定価格ベースで48.5億円とやや大きいため、需給面に不安があります。

また、婦人靴の小売事業もIPOで人気になりにくいため、事業面もインパクトに欠けます。ただし、業績が好調に推移していることはプラス要素ですね。

ダブルエーIPOは値がさなので、地合いに左右されやすくて、リスクもやや高いと思います。よって、ダブルエーIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ダブルエーIPOのその他初値予想はこちら

ダブルエーIPOの幹事団

ダブルエーIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SMBC日興証券
いちよし証券
SBI証券
東洋証券
マネックス証券
岩井コスモ証券

ダブルエーIPOで当選を狙うなら、主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、100%完全抽選のマネックス証券と抽選配分比率が高めのSBI証券も要チェックです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社