BASE(4477)IPOの仮条件が発表されました。BASE(ベイス)IPOは、CMが大量出稿されていることもあって、知名度は高いと思います。

ただ、大型で売出株の多かったChatworkとHPCシステムズは、いずれも初値が公開価格を割れたため、同じような状況のBASEも警戒されそうですね。

BASE

BASE(4477)IPOの関連記事

BASEのBBスタンスとIPO評価!マザーズの大型IPO!

BASEのIPO新規上場を承認!大和証券とSBI証券の共同主幹事!

BASE(4477)IPOの仮条件

1,150円~1,300円

BASE(4477)IPOの仮条件は、想定価格の1,630円を大幅に下回るレンジになっています。BASEは、当初から需給面で不安視されていたので、仮条件の下振れも想定内です。

また、公募株が405,000株→522,600株、売出株が7,606,800株→6,704,800株、OA株が1,201,700株→1,084,100株へと変更されています。公募株が増えて、売出株が減ったのはややプラス材料ですが、とは言っても大勢に影響はなさそうです。

ちなみに、BASEの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は135.5億円から108億円にダウンしますが、それでも100億円超えですね。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール

BASE(4477)IPOの初値予想

1,150円→1,202円 (公開価格比:-98円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,500円~2,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,200円~1,400円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:1,000円~1,300円)

BASE(4477)IPOは、大型(吸収金額108億円)、売出株(6,704,800株)とVC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さ業績赤字と、懸念材料が目白押しなので、かなり厳しそうな気配です。

また、似たような状況だったChatworkHPCシステムズの初値が公開価格を割れたことも警戒感に拍車をかけると思います。

よって、BASE(4477)IPOの初値は公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

BASE(4477)IPOのその他初値予想はこちら

BASE(4477)IPOの幹事団

BASE(4477)IPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
SBI証券
幹事証券 みずほ証券
野村證券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
極東証券
カブドットコム証券

BASE(4477)IPOは当選枚数が多いため、主幹事の大和証券はかなり期待できそうです。ただ、BASEは公開価格割れの可能性があるため、当選欲しさに申し込むのは禁物だと思います。

また、共同主幹事のSBI証券も当選する可能性が高そうなので、IPOチャレンジポイント狙いで申し込む場合、当選してしまった時のことも頭に入れておく必要がありますね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社