WACUL(4173)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の2月2日にから開始されます。

WACULは規模が小さいだけでなく、AI(人工知能)とDX(デジタルトランスフォーメーション)に関連した事業を展開しているので、かなりの人気を集めそうですね。

WACUL

WACUL(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名WACUL
コード4173(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
いちよし証券
マネックス証券
auカブコム証券
DMM.com証券
上場日2月19日
仮条件決定日1月29日(900円~1,050円に決定)
ブックビルディング期間2月2日から2月8日まで
公開価格決定日2月9日(1,050円に決定)
申込期間2月10日から2月16日まで
公募100,000株
売出し598,600株
OA104,700株
吸収金額7.2億円
時価総額62億円
想定価格900円→公開価格:1,050円
初値価格4,645円

SMBC日興証券 オンライントレード

WACULのIPO事業内容

WACULは成長著しいDX市場において、データ分析でデジタルマーケティングのPDCAを支援するサービス「AIアナリスト」を中心にプロダクト事業を展開しています。

主力サービスである「AIアナリスト」は、Webサイトに関する知見や各社に閉じていたWebサイトのデータを集め、誰にでもデジタルマーケティングにおける分析と改善が行える道具(ツール)に変え、SaaSとして提供しています。

AIアナリスト

また、WACULはインキュベーション事業としてDX実現のための戦略立案や組織・オペレーション設計等のコンサルティングを行う「DXコンサルティング」と、企業・学術機関と共にPoC等を行う社内研究所「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」も展開しています。

WACUL(ワカル)IPOの事業概要

WACUL(ワカル)IPOの事業概要

IPOによる手取金の使途

  1. 「AIアナリスト」の顧客価値向上のための機能開発投資
  2. 人件費、業務委託費および採用費等
  3. 顧客基盤拡大のためのマーケティング費用

WACULのIPO業績

WACULの業績

(※画像クリックで拡大)

WACUL(ワカル)IPOの売上は綺麗な右肩上がりで伸びていて、利益も黒字転換しているので、これからますます期待できそうですね。

WACULのIPO評価

WACULはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さが気になりますが、IT関連、小型(吸収金額7.2億円)、マザーズの三拍子が揃っているので、それでもかなりの人気を集めると思います。

また、WACULはAI(人工知能)DX(デジタルトランスフォーメーション)SaaSというテーマ性があり、業績も黒字転換していることから、事業面でも注目されそうです。

よって、WACULのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。WACUL(4173)IPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

WACUL(4173)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

WACUL(4173)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事のみずほ証券をはじめ、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事も全て申し込むつもりです。

WACUL(4173)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
大和証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
楽天証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
auカブコム証券 BB参加
DMM.com証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング