ファイバーゲート(9450)IPOは、インターネット関連のマザーズIPOで、規模(吸収金額12.1億円)もさほど大きくないため、期待度が高まっているようです。

ただ、ファイバーゲートIPOは大型なキュービーネットホールディングスIPOとの同時上場なので、多かれ少なかれ資金分散の影響を受ける可能性はありますね。

ファイバーゲート

ファイバーゲートIPOの関連記事

ファイバーゲートIPOのBBスタンスとIPO評価!マザーズの小型IPO!

ファイバーゲートIPOの新規上場を承認!日興証券が主幹事!

ファイバーゲートIPOの仮条件

910円~1,050円

ファイバーゲートIPOの仮条件は、想定価格の910円を下限に上方へ大きく拡げたレンジで設定されています。ファイバーゲートIPOは、新規承認時から注目されていて、想定価格も安めだったので、妥当な仮条件だと思います。

ちなみに、ファイバーゲートIPOの公開価格が仮条件の上限(1,050円)で決まると、吸収金額は10.5億円から12.1億円にアップしますが、それでも重荷になるサイズではないですね。


ファイバーゲートIPO主幹事のSMBC日興証券

ファイバーゲートIPOの初値予想

2,400円 (想定価格比:+1,490円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,900円~2,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,100円~2,400円)

ファイバーゲートIPOは、どちらかと言えば規模(吸収金額12.1億円)が小さくて手軽な価格なので、かなりの人気を集めると思います。

また、Wi-Fi事業も東京オリンピックに向けて、まだまだ需要が高まりそうなので、一定の評価を得られそうです。

さらに、キュービーネットホールディングスIPOとの同時上場になりますが、規模の小さいファイバーゲートIPOに人気も集中すると思います。

よって、ファイバーゲートIPOは初日の気配上限値段(公開価格の2.3倍)付近で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ファイバーゲートIPOのその他初値予想はこちら

ファイバーゲートIPOの幹事団

ファイバーゲートIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 上光証券
みずほ証券
SBI証券
東洋証券
岡三証券
岡三オンライン証券

ファイバーゲートIPOは、主幹事のSMBC日興証券で当選出来るかが勝負の分かれ目です。

IPO幹事常連のSBI証券や前受金不要の岡三オンライン証券など、平幹事にももれなく申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいですね。


SBI証券のIPOルール


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社